スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100万本の植樹運動を開始 

news.mnより(2015.04.01)

自然環境グリーン開発観光省の提案で「100万本の植樹運動」の開始を本日発表し、
同省オユンホロル大臣とバンズラグチ森林政策管理部長らが記者会見を行った。

オユンホロル大臣は会見において
「自然と調和しながら生活してきたモンゴル人の生活環境は、近年明らかに悪化しつつあり、
人口の半分以上が居住しているウランバートル市では大気汚染、土壌汚染の危機に直面している。
これに対する最も正しい策は、自然が自ら再生できる状況を作り、植樹することだ。
そのため、世界的傾向である持続的発展政策、グリーン開発政策にあわせて
100万本の植樹運動を全国において行う。
植樹及び樹木の手入れをする知識や経験を全年齢を対象として与える、
植樹するだけではなく育てる、モンゴルの全成人に参加させる、
具体的な成果を得ることを目的した同運動を開始する」
と発言した。

100万本の植樹運動は今月15日から9月15日、
10月1日から11月1日の2段階で行われるという。
初段階は、100万本の植樹及び手入れ、
第2段階は、捕植し灌漑する事業を計画している。

研究によれば、樹齢50年の木は1本当たり3,800万トゥグルグに相当する
酸素を出し、7,500万トゥグルグの空気清浄を行う。
また1億9,700万トゥグルグに相当する水循環を起こし、同額で評価される土壌保護をする。

オユンホロル大臣は
「ウランバートル市民の皆様が生活環境の改善のため100万本の植樹運動に
積極的に参加し、各庭に樹木を育てましょう。
各郡村に庭園を造りましょう。各機関・企業も自分の森を持ちましょう」
と呼びかけた。

同運動を全国で行うことによって、自然環境を大事にする、
市民の環境に関する知識を高め、植樹及び手入れ方法を学び、
生活環境を改善し、緑地を増加し健康的で安全な環境を整える
などの多面的な意義があると見ている。

また、植樹する時どこで植樹するか、苗木をどこから買うかという2つに問題にぶつかる。
市民は、自分の庭もしくは各郡・ホローの公園に植樹することができる。
企業の場合は、自然環境観光庁、森林局、郡・ホロー長の許可で造園地を指定してもらう。
だが、苗木は林業者の民間企業と協力してフェアを開催する方法で
国民に割引価格の苗木を販売することを目指しているとオユンホロル大臣が述べた。

100万本の植樹運動は首都圏の9つの区、21県都及び各郡で実施される。
世界的気候変更のせいで1940-2007年の間にモンゴルの平均温度は2.1度上がり、
土壌乾燥が118.1%上がった。

また、自然地域の降雨量が30-40ミリ減少しているのは地表面水量の減少に影響している。
ウランバートル市の煙、花粉量が健康と生活環境に悪い影響を与え続けている。
都市において1人あたりの緑地面積の世界平均が24平方メートルなのに対し、
首都圏の緑地面積は2014年現在1人当たり3.2平方メートルだった。

つまり、ウランバートル市民は世界平均より7.5分の1ぐらい少ない緑地の都市に住んでいる。
なので、同運動を開始することになった。
その結果として、中心部の団地の各家庭はマンションの周辺に、ゲ
ル地区の場合は庭内に植樹している。
各企業・機関が庭園を持つようになり、道路及び鉄道沿いに街路樹が設けられ、
各郡・ホローが庭園を持つようになるなどの効果が期待されている。

同運動の資金は森林法の第31.1条に従い集めさせた資金、
森林法の第30.1条により集めさせた資金及び自然保護基金、
「きれいな空気基金」から提供される。

原文はこちら

訳:セレンゲ



森林法には16歳以上の国民および企業は毎年植樹することが
義務付けられており、それができない場合は相当する寄付金を払うことが
定められているそうです。
そのうち各社に寄付の集金が来そうですね。

我が家のアパート周辺の花壇には、もう植えられそうな場所が残っていませんが
ホローがどう調整するか待ちたいと思います。

100万本の苗木を準備する業者らは大変ですが、
ビジネスですから頑張るのでしょう。

若者通りの中央緑地帯にあったきれいな街路樹は
北京通りと名前を変えた時に全て切り倒されて撤去されました。
工事業者はその辺、無慈悲ですね。
環境・観光省は植えるだけでなく今ある木を大切にする政策を
実行してほしいものです。
街路樹を切り倒した業者からも罰金を取れば良いのにと思います。
(プージェー)

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

スポンサーサイト

モンゴルで本日部分日食が見られます 

news.mnより(2015.03.20)

本日北半球で日食が観測されると天文学者が伝えている。
中でもモンゴル、東シベリア、ロシア東部でよりはっきりと観測できるとのこと。
ウランバートルでは16~18時ごろ部分日食が観測できる。
ウランバートルでは太陽は完全には隠れず、20~30%の部分日食になるとのこと。

(後略)

原文はこちら
原文の最後に、日食のシミュレーションを動画で見られるサイトのリンクがありました。
こちらからどうぞ。

(プージェー藤井)

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

「嫁の花」を国の花に決定 

news.mnより(2014.10.26)

政府の2012-2016年の活動計画に「観光分野の政策を安定的に発展させる原則に沿って、
観光を趣味、自然、文化に分類し、地域で発展させる」ことを盛り込んだ。

これに従い、2012年にハヤブサを国の鳥に、2013年にボルハン・ハルドン山を国の山に、
それぞれ指定した。

今年は国の花として文化・スポーツ・観光省、自然環境・グリーン開発省が
国民や専門家らを交えて2ヶ月間調査を行った結果、
ウサギギク、セイヨウマツムシソウ、ツユクサ(?)、トウヒレン(?)、イワベンケイ、白牡丹、
ハネガヤ(?)の9種類の中から多数決でセイヨウマツムシソウに決定した。

調査には植物研究者、教師、学生、学識経験者および植物観察ツアーを企画する旅行会社、
観光客など1,000人以上が参加した。

彼らはセイヨウマツムシソウモンゴル全土に分布し、夏の3ヶ月間花を咲かせ、
園芸用としても手間がかからず、病気にも強く、厳しい環境にも耐え、花市場に出荷でき、
繁殖能力があるとしている。

このため、セイヨウマツムシソウモンゴル国民の安寧と自然への畏怖の象徴として「国の花」に指定した。
現在、国の花を指定している国は153カ国あり、その中でセイヨウマツムシソウを指定している国はない。

モンゴル人は昔からセイヨウマツムシソウを戦争のない、平和な象徴として「祭壇の花」と
名づけてきた歴史がある。
馬の鞍飾り(バーワル)に似ていることから鞍飾り花(バーワル・ツェツェグ)の別名を
持つようになった由来についてのモンゴルの伝説がある。

水色、青紫、すみれ色のセイヨウマツムシソウの形は、モンゴルの銀細工師たちが彫った
銀の鞍飾りと同じであることは偶然ではない。

国の花を選定したことで、「花祭り」ツアーイベント、植物観察ツアー、花の栽培、
販売用の花に関係するその他の製品の市場が拡大する。

セイヨウマツムシソウ(モンゴル名:ベル・ツェツェグ)についてはこちら(リンク先)を参照

出展:zasag.mn

原文はこちら
注:原文中の写真はセイヨウマツムシソウではなさそうです。




参考:セイヨウマツムシソウの画像

訳:プージェー藤井

植物や動物の名称の訳は本当に難しいですね。
(間違ってたらすみません)
セイヨウマツムシソウはモンゴル語でベル・ツェツェグと言いますが、
直訳すると「嫁の花」になります。
青や薄紫がきれいですね。
リンク先を見ますと、英語ではScabiosaとかButterfly Blueと言うそうです。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

CO2オフセットクレジット制度を利用し暖房効率を改善 

shuud.mnより(2014.09.15)

モンゴル日本の政府間で2013年に2国間オフセット・クレジット制度が署名された。
この協力の枠内で、今年日本の関電プラント社とニチアス社が
「火力発電所の温水配管に追加断熱を行なうことで
エネルギー効率を改善するための事前調査プロジェクト」
を第3火力発電所で実施することになった。

プロジェクトの途中で熱損失の大きい配管の古い断熱材の上から
Pyrogel XTという断熱材を追加し、熱損失を削減する実験を行なう。
Pyrogel XTを追加することにより熱損失を削減し、エネルギーと燃料の節約になり、
最終的にCO2排出量の削減になるため、調査の途中で熱測定を行い、
2国間オフセット・クレジットの算定を行なう。

プロジェクトチームは先日、自然環境グリーン開発省、第4火力発電所
経済開発省などの関係者の参加の下、第3火力発電所において
断熱材追加のデモンストレーションを行なった。

V.バト記者
原文はこちら

訳:プージェー藤井

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

東部3県で3年間狼などの狩猟を禁止 

Udriin sonin電子版(2014.02.28)より

近年、ぎん狐、だったんぎつね、狐、タルバガの頭数が減少している。
牧草地の敵である齧歯類の増加予防に特別な役割を果たす、これらの動物を保護し、生態系のバランス保護のため、今後3年間、狩猟を禁止する。
2月25日付の自然環境・グリーン開発大臣命令によって禁止した。ただし、この命令は東部3県のみに適用される。
理由は、ヘンティー、ドルノド、スフバートルなど東部3県での不法狩猟が減らないため、草原のの頭数が急減少したことによる。

禁止期間中、狩猟禁止地域の監視の強化、狩猟地域担当者の設定、の頭数増加活動実施の義務は、各県知事に委託された。
そして、モンゴル国のコールター(岩石の成分)埋蔵量、分布が減少している。モンゴル・アルタイ地帯のコールターは、コウザンネズミ(Alticola)属の野ねずみの排泄物(糞便)が長年間に生物および環境的な要因によって創られた自然物である。
2009年、モンゴル・アルタイ地帯の埋蔵量は多くないと調査で確認された。
コールターは何百年間をかけて創られるものなので、少ない埋蔵量を保護するため、工業用途での採取、天然コールターの輸出を5年間禁止した。
しかし、コールター輸出許可を取得したものの、まだ輸出できていない企業には、2014年5月1日までに輸出することを認めた。
人々は、コールターを採るために岩石を崩壊したりして、その地域の動物棲息環境を倒壊して災害を与えている。
記者:E.ノミン

原文はこちら

訳:オーガントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。