スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩赦法執行委員会を設立 

news.mnより(2015.08.12)

法務委員会が開催され、昨日の国会で恩赦法が可決されたことに関連して
執行委員会設立に関する国会決定案を審議した。

恩赦法は内閣から提出し、国会の非公開会議にて可決された。
本法は、可決された日から有効となっている。

執行委員会会長はガンバト法務委員長が務め、バーサンフー議員、
バトボルド議員、オユンゲレル議員が委員になった。

本日(8月12日)の委員会では、バーサンフー議員及びオユンバートル議員が、
執行委員会のメンバーに弁護士会、警察庁長官、人権委員会の代表者を
参加させる必要があると提案し、委員会が承認した。

委員会の結果をボルド議員が国会にて発表することになった。

原文はこちら
D.ツェツ記者

訳:セレンゲ



昨日成立した恩赦法について、大統領は自身のFacebookで
「収賄、職権乱用、不法蓄財、予算の目的外使用、国民を騙した者を
赦すことは間違っている。
また、このような犯罪を行なった容疑で取調べを受けている公務員を
恩赦の対象にしてはならない。」
と述べています。
これに対し、国民はコメントで
「大統領には法律で認められた拒否権があるのだから行使してください」
と勧めています。

今後、大統領が拒否権を行使するかどうかが注目されます。
(プージェー藤井)

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

スポンサーサイト

恩赦法を非公開会議で可決 

News.mnより(2015.08.11)

国会の法務委員会が本日(8月11日)の会議にて恩赦法を非公開会議で審議した。
その後、2015年国会臨時会議で内閣から7月3日に提出した恩赦法案の
最終審議を非公開で行い可決した。
非公開会議は先ほど終了した。

明日(8月12日)の朝、法務委員会を9時30分に開催し、
恩赦法執行委員会の設立に関する国会決議案を審議する予定。

一方、昨日から待たされている一部の大臣の任命問題については、
明日国会に提出すれば国会議長顧問会議で審議日程を改定し、審議する。
原文はこちら
B.エンフ記者
訳:セレンゲ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

春期国会において審議される法案 

news.mnより(2015.03.27)
(前略)
春期国会において審議される法案

1. 2014年度のモンゴル経済、社会開発に関する基本方針の遂行状況
2. 2016年度のモンゴル経済・社会開発に関する基本方針の承認について国会決議案
3. 2016年度の予算枠通知、2017-2018年度の予算概要に関する法案
4. 2014年度の予算執行の承認に関する国会決議案、2014年度の内閣財務諸表
5. 「人口開発に対する包括的政策の承認」に関する国会決議案
6. 家族法の改正案
7. 「科学・技術政策の改正」国会決議案
8. 社会保険法の改正法案
9. モンゴル国長期開発政策の承認」に関する国会決議案
10. 開発政策、計画に関する法案
11. 「産業分野に対する政策の承認」に関する国会決議案
12. 工業化支援法案
13. 商業法案
14. 会計監査法の改正案
15. 会計法の改正案
16. 動産及び無形資産の担保法案
17. 将来遺産基金法案
18. 首都住民税法案
19. 資産税法案及び関連法案
20. 「森林政策の承認」に関する国会決議案
21. 法案作成、上程、法律の施行に関する規則及び関連法案
22. 公聴会法及び関連法案
23. 監査法及び関連法案
24. 出版報道自由法の改正案
25. モンゴル国人権委員会法の改正案
26. 刑法の改正案
27. 法律違反法案
28. 公務員法の改正案
29. モンゴル国選挙総合法案
30. 政党及び政党資金に関する法案
31. 火災予防法の改正案及び関連法案
32. カジノ法案
33. モンゴル国会法の改正案、モンゴル国会秩序法の改正法案
34. その他

G.ダリ記者
原文はこちら

訳:セレンゲ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

経済恩赦法の審議を再開 

news.mnより(2015.01.13)

昨日、閣議において経済恩赦法案を審議し、国会に上程すると決定した。
先週、閣議では経済の透明性を支援する法案に賛成した。
同法案に関連して経済恩赦法が提出された。
以前、免税、脱税等は税恩赦法により解決していたが、今回は不動産、
企業未登録などの多方面の経済分野において恩赦を与えることにした。

同法の基本的な内容は規定した期間内、故意または過失により
違法行為を行なった場合、自発的に申告すれば1回に限り刑事責任及び
行政責任、刑罰を免除するという。

これによって良好な統治が整い、今後は法に従って地下経済
縮小することができると見ている。
同法は経済の透明性を支援する法案と同時に近日中に国会に上程される。
国会が上記の2法を承認すれば経済が大きく進歩すると期待されている。

S.オトゴン記者

訳:セレンゲ
原文はこちら



モンゴルの地下経済は8兆トゥグルク(国家予算の1.6倍)という
国会議員もいました。

税収がなくて困っている昨今、恩赦すると税収は増えないのですが
地下経済をオモテに出すことでGDPに組み入れることができ、
そうすると今国会でもめている外債の対GDP比問題の出口が見える・・・
というのが政府の狙いではないでしょうか。

一方で、記事中にもあるように、以前にも脱税を恩赦したことがあり、
脱税する人、地下経済はいつまでも後を絶たないという専門家もいます。

プージェー藤井

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

国会議員と閣僚の兼務を禁止 

medee.mnより(2014.04.17)

国会本会議で、モンゴル大統領が提出した内閣法の追加・修正法案、
国会法の修正法案を審議した。

同法案により、民主党、公正連合の与党は休会を申請していた。
公正連合の五日間の休会期間が本日終了し、再び三日間の休会を要請した。

しかし、エンフボルド国会議長は
「三日間の追加休会期間を与えることは不可能」
と考えたため、内閣法修正法案を審議し始めた。

国会は、今年7月1日から国会議員と閣僚の兼務を禁止する決議を出した。
具体的には、国会に69議員が出席し、49.3%が賛成し、35%が反対し、
50.7%の意見により、国会議員と閣僚の兼務を禁止する規定を施行することになった。

(訳注:本文中の数字が合わないが、69名の出席議員のうち、
兼務に賛成が34人(49.3%)、兼務に反対が35人(50.7%)であったので、
兼務を禁止することになったと読むと理解できる)


これにより、国会法修正法案の最終的な審議に備えるため、国家組織常任委員会に付託した。

記者:E.エグシグレン

原文はこちら

訳:オーガントヤ



そうすると、選挙区から当選した閣僚の地元では補欠選挙が行なわれるのでしょうか?
それとも、次点だった人が繰り上げ当選になるのでしょうか?
(比例区は当然、繰り上げでしょうけど)
モンゴル経済は、選挙などやっている場合ではないと思いますが。。。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。