スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルの情報通信開発が世界の手本に 

Daily news新聞より(2010.10.30)

5年前はモンゴルの全郡に携帯電話の利用を普及させることを誰も信じていなかった。なぜかというと、例えば一つの郡に1億トゥグルグの投資をしたとしたら、それが回収されることがとても信頼できないとみられていたからだ。ところが、世界銀行の協力で実施された「農村部の情報通信開発プロジェクト」が予想以上の結果をもたらしたという。現在、モンゴルの全郡に携帯電話の利用が普及しており、間もなく高速インターネットの利用が可能になる。ということで、世界銀行の代表が「こんなに短い間に、これだけ広い地域の情報通信を改善させたことは世界の手本になる」と判断した。

スポンサーサイト

モンゴル石炭が世界市場に輸出される 

News.mnより(2010.10.28)

今日午後1時15分に2000トンのタワントルゴイ炭鉱石炭を積んだ列車がヨーロッパの市場に向けて出発した。列車は公開型株式会社「ロシア鉄道」及び合資会社「ウランバートル鉄道」の支援でモンゴル・ロシア合同「インフラ整備」株式会社により出発された。ということで、モンゴルの南砂漠から採掘された石炭がヨーロッパ諸国及び世界の市場に輸出される、さらに海港に出される試験輸送が本日より開始された。モンゴル及びロシアの国土を走り、計4679キロの距離を通過する今回の輸送がどのくらい続くかと言う問いに今日はまだ答えられないと公開型株式会社「ロシア鉄道」のV.M.ヤクニン社長が述べた。モンゴルが鉱物資源を世界市場に出すことを支援するため、ロシア鉄道が貨物関税を52%下げた。したがって、石炭を中国の道路で輸送するより1/3に安くなるとのこと。ところが、ウランバートル鉄道は貨物関税に関しては割引を与えず、9月25日より貨物関税を上げるという。 今回の旅で国際輸送調整、荷役の技術操作、輸送のための文書完成・収集など様々な件に関する試みをするということで、今回の輸送の結果によって今後の石炭輸送が決められる。原文はこちらへ

モンゴルは石油埋蔵量で第33位に 

Udriin shuudan 新聞より (2010.10.28)
 
モンゴル国の石油埋蔵量は1億1900万トンといわれている。今後、同数の追加が予想されている。モンゴルは世界で第33位に並んでいる。そのため、石油探査と採掘部門に注目する内外投資家の人数が最近2年の間に急に増加したという。しかし、同部門にとっては、国内人材が不足しているといわれている。

金の採掘量が低下した 

Unen新聞より(2010年第42号)

今年の最初の9カ月間では、中央銀行は私営企業及び国民から計1.7トンのを購入した。それを前年同期と比べると2.3トン、すなわち57%低くなる。を独自に輸出しているボロー・ゴールド社以外の私営企業は今年の最初の9カ月間に2トンの採掘したが、前年同期比で54%低下したとのこと。採掘量の低下はモンゴル銀行へ納入されるの量に直接影響を与えた。モンゴルは2008年から2010年にかけて平均7トンの貨幣用を世界市場に出したという。現在の貨幣用金1オンスのレートは1340.5米ドルに達している。金価格が上がれば、宝飾品や私営企業業界の金の売上高に悪い影響を与え、金の実際の売上高を低下させるため、将来時点で金の価格が暴落する恐れがある。一方、アメリカ経済が2015年までは復活しない見込みであり、ヨーロッパ諸国の対外負債が安全性の限界を超え、日本経済が近いうちに復活出来ないという理由で金融市場において、投資家たちが米ドル、ユーロ、日本円をなるべく避けるようになったのが金需要を増加させた。さらに、アメリカ連邦準備制度資金、ヨーロッパ中央銀行、日本の中央銀行が経済成長を目指し、緩やかな金融政策を実施しているため、さらに各国のインフレが激化される恐れが生み出され、金や金に基づいた債券などへの投資が増加している。
先述の傾向からみると金の価格が近未来に増加する可能性が高いが、将来時点での金価格の増加は長続きしないと経済専門家たちはみている。

スヘバートル広場にワイヤレスインターネットが設置 

Unen新聞より(2010.10.26)

  首都ウラーンバートルの創立371周年記念事業の一環として、スヘバートル広場にワイヤレス・インターネットが設置された。ワイヤレス・インターネットのオープンセレモニーが昨日すなわち10月25(月)に行われた。ワイヤレス・インターネットが24時間無料で利用できるという。ワイヤレス・インターネットを利用してみに来た若者たちがスピードは速いが、夏になると椅子がほしくなると感想を述べていた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。