スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルがモンゴルで支店を開く 

News.mnより(2011.02.26)

米国ソフトウェア高度技術アップル社を知らない人は滅多にいないだろう。ところで、間もなくモンゴルのBodi Electronics社が技術・コンピュータ分野の一流企業であるアップル社と協力しモンゴルアップル支店を開くことを正式に発表した。世界各国に支店を持つ同社がモンゴルに関心を持ち支店を開くことになったのは次のような理由がある。モンゴルの総人口の大多数を若者が占めており、経済が日々急速に成長している為、彼らがモンゴル支店を開くことになった。さらに、「ルイ・ヴィトン」、「ボス」、「モンブラン」、「ディオール」など世界的規模を誇る高級ブランドの支店がウランバートルにあるのも彼らが関心を持つ原因になったとのこと。以前同ブランドの製品はモンゴルに小企業及び個人によって輸入されていたが、いかがわしくて値段が高かった。一方、正式支店を開くことで最新モデルで適正価格の製品を購入する機会が開かれるとアップルが通知した。ちなみに、同社の幹部がモンゴル市場向け新製品の開発を予定しているそうだ。

スポンサーサイト

モンゴルが日本の事業家を支援 

Shuud.mnより(2011.02.25)

モンゴル日本二国間関係が近年拡大し、日本からモンゴルへの投資量が増えつつある。その上、日本モンゴル合弁の企業数社が海外貿易の分野で事業を行っている。従って、二国間のビジネス・貿易経済関係の発展を支援し、さらに拡大させる、モンゴルでの日本からの投資家及び日本市場で事業を行っているモンゴル企業ビジネス環境を改善させる、その全ての問題を詳しく調べる、同分野での政府系及び非政府組織、協会の協力を促進させる目的で2009年にモンゴル日本ビジネス協議会がモンゴル国商工会議所で設立された。ちなみに、ボランティア組織で、会費が無料である同協議会が他の組織との協力を求めており、入会希望の全ての組織に門戸が開かれている。
原文はこちらへ

銀行の自己資本が6400億トゥグルクに達した。 

Udriin shuudan 新聞より(2011.02.25)

モンゴル銀行が毎月の定例記者会見を開いた。中央銀行は銀行部門が回復し、市場経済社会に移行後初めてと言ってもいい事績が出たという。たとえば、不良ローン率が6.7%になったのは経済危機前より少なくなったという。経済危機の前に市中銀行の自己資本量は4500億トゥグルクであったが、経済危機の際には1700億トゥグルクまで減少していた。しかし、現在は、6400億トゥグルクになったという。その上、経済危機の際銀行は利益がないすなわち赤字に至っていたものの、現在は利益が11-12%になり世界の大手銀行の水準に達したという。

公害防止対策を研究した 

News.mnより(2011.02.23)

国会議員のLu.ガントゥムル氏、Kh.テムジン氏、J.エンフバヤル氏、Ts.ダワースレン氏が日本で任務を果たして来た。訪問の際に彼らが日本、名古屋市の近くある三重県の工業都市を視察した。1960年から1970年にかけて同都市は急速な産業の発展を遂げ、その結果環境破壊に苦しむようになり、市民が大気汚染による病気に悩まされた。一方、日本政府が環境問題に注意を払った結果、以上の問題を克服したという。その為、モンゴル国会議員らが大気汚染、煙の問題解決するために日本が産業にどんな基準を適用したか、法的にどんな調整をしたか、企業を法律に従わせる為にどんな対策を採ったかについて同都市を研究することを目的とした。さらに、訪問団長、国会議員のLu.ガントゥムル氏が日本の中小企業を見学した。日本の中小企業は大企業の後を追って発展するそうだ。モンゴルでどのように大企業を開発し、鉱山に沿った中小企業を発展させるかということがモンゴルにとって重要な問題の一つになっている。
原文はこちらへ

モンゴル初の人工衛星打ち上げに日本が協力 

Daily Post 新聞より(2011.02.18)

モンゴル国内外の専門家によるとモンゴルが2015年に独自の人工衛星打ち上げるそうだ。モンゴルが初の人工衛星を軌道に向けて打ち上げるのに日本の専門家たちが協力するとのこと。
モンゴル外務省を日本からの宇宙科学者団体が訪れ、2日間にわたってセミナーを行った。セミナーに三菱、東芝、日立及び住友などの技術分野の一流企業の代表者たちが出講した。
日本からの代表者が「現在モンゴルのテレビ・ラジオ局は全てIpstar-5衛星を利用しています。一方有線及び無線通信事業者はIntelsatを利用しています。モンゴル政府が近い将来モンゴル独自の人工衛星打ち上げることが国内経済の成長にどのくらい良い影響を与えるかを認識しています。宇宙を目指すモンゴル国民の要望を我々が考慮した上で同プロジェクトを2015年に実施することに協力することになりました。」と述べた。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。