スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北東アジア天然ガスフォーラムが行われた 

news.mnより(2011.08.30)

天然ガスについては、モンゴル人はあまり知らない。時々使うガスコンロや、たまに見かける天然ガスで走る自動車で思い出す程度だ。しかし、世界全体で見れば、天然ガスが最も重要なエネルギー源である。少なくとも、北東アジアの各国はロシア天然ガスの主要な需要家であるため、1997年に北東アジア天然ガスフォーラムを設立した。

日本、韓国、中国モンゴルロシアの専門家・機関の代表が参加した、同フォーラムの第12回会合が3日間にわたってウランバートルで行われ、本日閉会しようとしている。

天然ガスは、シガーライターをはじめ、発電所にいたるまで、あらゆるところで利用されている。北東アジアで最大の消費国は日本である。北東アジア地域の天然ガス使用量の42%を、この島国単独で使用している。次に中国日本に迫る勢いで消費している。韓国の消費は16%を占めており、これら3国の消費量をあわせると世界の7%になる。それゆえ、天然ガス埋蔵量で世界一のロシアの政策は、北東アジアの各国にとって非常に重要である。ロシアはここ数年、ロシア南東部、バイカル湖近くのコビクタにある天然ガス田から、北東アジアの国々に天然ガスを供給しようとしている。最近では、北朝鮮へパイプラインを設置し、北朝鮮を経由して韓国の市場へ天然ガスを供給する話し合いを行ったことは、他の周辺各国の思惑に反するものであった。しかし、ロシアの天然ガスを中国経由で供給する思惑が彼らにはあるらしい。

一方で、中国という天然ガスの一大市場へ天然ガスを供給することが、ロシアの政策であることはまちがいない。そうするとロシアの側から中国市場へ供給するためのパイプラインをどこに設置するかを決めることが、問題のひとつである。もしモンゴルを経由して天然ガスパイプラインを設置するなら、それに伴う天然ガス通過料収入や、モンゴル国内の天然ガス需要が増えるといったメリットがある。そのためにも、最近、石油庁はモンゴル国民に天然ガスの使用を推奨し、モンゴル国内に天然ガスのパイプラインを設置する件について北東アジア各国と話し合っている。フォーラム参加各国と共同で声明を発表したり、条約に署名することで、各国政府の後押しになる。ロシアが今後3年間にコビクタの天然ガス田を市場に投入するなら、最終消費者に供給するパイプラインの設置問題に関して、モンゴル国に対する北東アジア地域の各国の支持が必要になることは間違いない。

ちなみに、国際エネルギー機関は、天然ガスの需要がますます増えている今の時代を、「天然ガスの黄金時代」と名づけている。同機関の発表によると、天然ガスの需要は2030年には石炭の需要を上回り、2035年には世界各国で石油の代わりに天然ガスが使われるようになるとのこと。原子力エネルギーの将来が不明確なことも、天然ガスの需要を増やす要因となっている。天然ガスの使用量では中国とアメリカなどが最大となるとのこと。中国が今後、煙を出さない燃料の使用を増やす政策を出したことは、これまで一定だった天然ガスの消費量を増加させた。

国際エネルギー機関の調査によると、世界で最も人口の多い中国にある20の都市のうち16の都市が石炭によってエネルギーを供給している。しかし、上記理由により中国は石炭を天然ガスに置き換えようと努力している。中国の天然ガスの消費量は、(現在)ドイツと同程度であるが、2035年にはヨーロッパ全体の消費量に匹敵するとのこと。一方、アメリカもエネルギー源の60%を占める石炭の消費を、今後20年で天然ガスに置き換えることを計画している。

天然ガスを世界中が上記のように主要なエネルギー源とする理由を紹介すると、天然ガスを使ってクリーンエネルギーを生産することができると同時に、供給が安定しており、また、需要側・供給側双方の技術が今後も開発され、さらに改善されることで、天然ガスの果たす役割はますます大きくなっていくとのこと。それだけでなく、天然ガスの埋蔵量は十分にあるので、他の燃料と比べると安心できるのである。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

スポンサーサイト

ボグドハーンの玉璽のレプリカが盗まれた 

news.mnより(2011.08.29)

モンゴル国立歴史博物館の3階にあるボグドハーン統治時代の1911年および1912年の2つの玉璽(国王の印鑑)のレプリカが盗まれる事件が今月25日の12~13時ごろ起こった。同博物館の職員は12~13時に交代で昼休みに入り、当時は1階に残った職員がトイレに行っている間に上記事件が起こった。

博物館の監視カメラのビデオを確認すると、顔を隠し、つばのある帽子をかぶった男性がガラスケースを壊し、上記2種類の玉璽を盗み、職員が発見次第チンゲルテイ区の警察に通報した。警察官が博物館に来て容疑者の指紋を採取し、現場検証を行ない、現在容疑者を指名手配しているとのこと。しかし、盗まれた2つの玉璽の1つは1911年にモンゴル国の政府の印鑑のレプリカであり、本物はモンゴル国立博物館の保管庫に保管されている。一方、もう1つは、1912年のセツェンハーン・アイマク政庁の印鑑である。これの本物はヘンティ県博物館の保管庫に保管されているそうだ。

盗まれた展示物はレプリカであり、売って換金することはできないが、犯人はレプリカであることを知らずに盗んだのだろうとのこと。しかし、博物館の展示物であることから、盗まれた2つの玉璽を見つけ出し、再度展示する必要があるとモンゴル国立博物館のD.ムンフトゴー・マネージャが述べた。

盗まれた玉璽のレプリカの写真と原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

ウランバートルで地震 

news.mnより(2011.08.29)

ウランバートルバヤンゴル区で体に強く感じる地震があった。
具体的には、シャスティン記念第3病院の東側にある8号棟周辺で地震の揺れを強く感じ、棚から物が落ちたり、一部の人々はめまいのような症状を感じたという。

地震は8月27日の16:30ごろ発生した。
住民の話によると、地震の際、照明器具が揺れ、机の上にあったコップが揺れて中のお茶がこぼれ、棚にあるスライド扉が開閉していたとのこと。
また、一部の人は気分が悪くなり、建物の外に出たとのこと。

また、同じ日の18~19時ごろ、ザイサン周辺およびナーダムスタジアム周辺の建物で地震の揺れを感じたと住民が述べている。

一方、8月27日土曜日の18:29にウムヌゴビ県のハンホンゴル郡の北東28km付近を震源としてマグニチュード5.8の地震が発生したのは、ウランバートルで発生した上記2つの地震と関連があると見ている。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

区役所の職員らがトーラ川を清掃 

news.mnより(2011.08.27)

ウランバートルハンオール区の区役所、専門検査庁、社会保険局、健康組合、16ホローの職員らが合同で、本日10時からヤールマク橋からモリンギーン・ダワーまでのトーラ川の河川敷のゴミ清掃した。
上記河川敷の清掃により、5トン近くのゴミが集められ、直ちにゴミ処分場へ運ばれた。

去年まで同区役所より費用を負担して、無職の住民にトーラ川清掃をさせていたが、今回はハンオール区役所やホローなどの職員が、休日に自主的に清掃を行った。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

経済成長率が17.3%に上昇 

Unuudur 紙(2011.08.25)

 世界銀行から、モンゴルの第2四半期の経済成長率が、17.3%に上昇したと発表した。
発表によると、運輸・建設事業の拡大、国民所得の向上によって、小売・卸売りの売上高は24.7%上昇している。
マクロ経済のこのような好状況は、6月の失業率を8.7%に引き下げた。
ただし世界銀行から、都市部の前年同月比インフレ率は、11.4%に上昇していると警告した。
賃金が上昇し、毎月の現金供給、輸入品の前年同月比106%増などは、インフレ上昇を招いているという。

 輸出に関しては、前四半期の輸出構成をみると、石炭の占める割合が銅を圧倒的に上回り、全輸出の38%を占めた。しかし、石炭の輸出先はほとんど中国となっており、これから開始される鉱山事業もこの数字を絶えず上昇させていくとのこと。

 最後に世界銀行モンゴルの経済が、世界経済に大きく依存していることを強調した。
例えば、2008年の経済不況のような大不況に陥れば、モンゴルのような小さくてオープンな経済は、すぐにその影響を受けると警告した。ただし、2008-2009年にはじめた経済改善プロジェクトを続けることで、長期的には経済成長する可能性がモンゴルにはあるとした。
 
この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。