スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時国会が閉幕 

news.mnより(2013.09.27)

臨時国会は9月16日に開幕し、つい先ほど閉幕した。

臨時国会では政府が上程した「投資法」、「投資基金法」案、「長い名前の法律」の施行規則の改正法案、「金取引透明化法」改正法案、「日常用途の鉱物資源法」案の審議し、承認するはずであったが、これらの法案のうち1つも国会を通過できなかったので、秋期国会へ持ち越された。

臨時国会の閉会に際し、エンフボルド議長が公正連合から「長い名前の法律」の施行規則改正法案を秋期国会で審議することを提案されたことを受け入れた。
その他の法案についても各党の国会議員が秋期国会で審議することで合意したため持越しとなった。
こうして9月16日から27日まで行われた臨時国会は閉幕した。

G.ダリ記者

原文はこちら



緊急経済対策のために開かれた臨時国会は、
野党の反対などもあり十分な法案審議が行われず
時間だけが過ぎてしまいました。
失望した外国人投資家も多いのではないでしょうか。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

スポンサーサイト

臨時国会の開会式でのエンフボルド議長の挨拶 

モンゴル国会HPより(2013.09.16)

現在、国会で外国投資、資源・鉱山に関する法律の改正が審議されています。
モンゴルへの外国投資に直接関わる法律だけに、改正の行方が注目されています。
9月16日の臨時国会の開会式でエンフボルド議長が挨拶した中に、
法を改正するに至った背景と、改正の方向性が分かりやすく紹介されていましたので
少し古くなりましたが紹介します。
(文中太字は訳者による)

法案は現在も審議中です。



モンゴル国総理大臣ならびに
親愛なる国会議員の皆さん

現在の経済的困難を乗り越え、国内外の投資を安定化させる法環境を改善するために、政府が提出した法案を早急に審議する必要があり、これに基づき臨時国会を9月16~27日に開催します。

2012年第3四半期以降外国投資が減少していることにより2013年前半は前年同期比42%減となっています。
外国投資の減少には世界経済の状態、一部の法律、オユトルゴイの第1フェーズが終了し、第2フェーズが止まっているなどの要因が影響しています。特に前国会で調査の不十分な法律を施行したことにより、モンゴル経済に深刻な事態を招いています。

例えば、
第1に、去年の5月に選挙前に「戦略的業種への外国投資調整法」を施行したことにより外国投資が逃げ出す原因となりました。法律を外国投資家に周知せず、付随する規則の発行が遅れたなど、不透明な状態を発生させました。今臨時国会で審議する「投資法」が承認されますと、「戦略的業種への外国投資調整法」は廃止されます。

第2に、2009年7月の国会で「河川の水源地保護区域および森林で資源探査・採掘を禁止する法律(通称:長い名前の法律)」および「同法の施行規則」を承認しました。法律の意図は正しくても、法律が施行される際に、すでに操業していたAライセンス(訳注:採掘権益)の企業の権利移行の取扱いが不明確なままであったので、これらの企業の金採掘が水面下で行われ、税逃れや金の不法な国外持ち出し、環境回復責任の所在の不明確などの悪影響が出続けています。政府の見積もりでは、ライセンス料、探査地域への投資額だけでも6,595億トゥグルクに達し、ライセンスを無効にした場合、最低でもこのような金額の保証金が国庫負担として発生します。今臨時国会では、同法ではなく同法に付随して出された権利移行の法律を改正します。

第3に、2010年6月17日の国会で「資源探査ライセンスの新規発行を停止する法律」を承認し、期限を数回延長したことにより、3年間資源探査ライセンスが新規発行されませんでした。この法律は所かまわず穴を掘る無秩序なライセンスの発効を止めることはできましたが、責任ある鉱山開発のための法律を出せないまま長時間が過ぎたために、鉱山分野への投資を根本的に止めてしまいました。

これら全てをかんがみ、政府は「投資法」、「日常用途の鉱物資源法」「河川の水源地保護区域および森林で資源探査・採掘を禁止する法律の施行規則改正」「金取引透明化法」「投資基金法」などに追加・改正を行うべく国会に提出しました。

これらの法律が施行されることで
モンゴル国は投資への課税法環境を安定化させます。
外国、国内の区別無く、投資家に共通な法的保障を確保します。
日常用途の鉱物資源の問題を鉱物資源法から分離・独立した法律で処理し、さらに許認可権・監査権を地方に移管します。
モンゴル国に有益なプロジェクトの税環境を安定化させることで投資の効率を上昇させます。
行政の官僚主義を低減させ、ビジネス環境を改善します。
企業・零細鉱山採掘者が採掘した金の購入・輸出・登録・統計を担当する業務をモンゴル銀行に集約し多くの問題を解決します。
また、「証券市場法」で規定していた投資基金の問題を、別の法律で規定することで、金融市場の適正化と均衡の取れた構造を実現し、中小企業が銀行からの借入れ以外にも投資の形で資金調達を行い、業務を拡大する可能性を実現する役割があると考えています。

議員の皆さん
臨時国会の期間中、国会の党派、委員会でこれらの法案をしっかりと審議して、修正すべきところは修正し、国家の経済成長を安定化し、国内外の投資家の活動を支援することを目指した法案の内容をさらに改善し、よりよい法律が出せるようご協力をお願いします。

ここに2013年9月16日の臨時国会の開会を宣言いたします。



原文はこちら
「戦略的業種への外国投資調整法」は廃止し、新たに「投資法」を制定して外国投資を再び呼び込む。
「長い名前の法律」は施行規則を改正して止まっていた資源探査を再開する。
ということですね。


この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

(ジェームス?)ボンドの共和国 

Udriin sonin電子版より(2013.09.20)

評論家B.Tsenddoo氏の風刺コラム

天使と悪魔の会話:

悪魔(以下、悪):モンゴルは「ボンド共和国」と呼ばれるようになった。
天使(以下、天):だけど「畜産国」と呼ばれることがなくなった。
悪:その「ボンド」は我々の視聴者の好きなジェームス・ボンド(007)ではない。(訳注:もちろん債券のことです)
天:だけど、そのボンドによって、我々の生活はジェームス・ボンドより映画っぽく、冒険的になったよ。

悪:モンゴルは人口より家畜のほうが急増している。
天:だけど、我々はより「大勢」(訳注:去年の国会選挙で民主党は宣伝に「大勢」という言葉を使った)になってきている。

悪:我々はボンドの返済をいつもできないでいる。
天:だけどいつも次のボンドを手に入れることができている。
悪:私たちはチンギス・ボンドを「食べてしまった」。
天:だけどサムライ・ボンドを新しく手に入れた。
悪:サムライ・ボンドもすぐに「食べてしまう」だろう。
天:だけど次の中国の孫悟空ボンドを検討している。
悪:国際社会からは「返済しないモンゴルのためにボンドを発行しない」と脅されるようになった。
天:それじゃ、我々はアルカイダからジハード・ボンドを受けるよと脅す。

悪:サムライは借りたお金を返済しない人に対して小指を切る習慣があるので、モンゴル人はみんな小指を持たなくなる。しかもこれが「口だけ出さずに手を出しなさい」というスローガンをもとに実施される。
天:サムライたちのボスのところで小指を切ることになるので、モンゴル人はみんな日本に旅行できることになる。(訳注:モンゴル人にはサムライとヤクザの違いが分からない人もいます)
悪:我々は指が9本しかないので、スリをした場合、効率が10%低下する。
天:9本指の手袋をつくり、それをモンゴルのブランドにする。
悪:9本指の手袋に外国人は見向きもしないよ。
天:しかし、9本指の手袋をユネスコに登録し、モンゴル以外のところで生産と利用できないように禁止する。
悪:小指がないので、鼻ほじりができないなどの支障が出てくるよ。
天:だけど我々は「小指をもたない人がたくさんいる国」、「鼻ほじりをいちばん少なくやる国民」などでギネス世界登録ができて、毎年その記念日にナーダムをやる。

悪:このままだと外国人が我々を詐欺師と呼ぶのが多くなる。
天:だけど、スリと呼ばれるのが減るよ。

悪:科学の発見がなくなった。
天:しかし、リボンを切るオープニングの儀式がより多くなった。(訳注:モンゴル語で発見とオープニングは同じ言葉を使う)
悪:経済成長率は上らなくなった。
天:だけど、物価が上っている。
悪:国民の収入は上らなくなった。
天:だけど国民の血圧が十分に上っている。
悪:わが国には教養のある人が本当に少なくなった。
天:だけど大学を出た人が急増した。
悪:アルタン・ウルグー(訳注:チンギスハーンの子孫を指す言葉)の者がモンゴルの国家からいなくなった。
天:だけど国会にアルタン・ガダス派閥ができた。(訳注:民主党の派閥でアルタンホヤグ首相が率いる)

悪:モンゴルは外国投資家にとってはその魅力を失いつつある。
天:だけどエクストリーム(極限)旅行者の注目を集めている。
悪:将来に対する希望をもてなくなっている。
天:だけど過去の歴史に頼ることがより多くなった。
悪:モンゴルの自然は今までになかったほど破壊されている。
天:だけど自然保護団体の数では今までになかったほど多くなっている。
悪:モンゴルの森林は今までになかったほど少なくなった。
天:だけど木製家具と薪を燃料に利用するのは増えた。

悪:ボンドの代金に指を切られることになるので、モンゴル人は何もできなくなる危険がある。
天:だけど、まだ手の9本の指と足の10本の指、全部で19本の指が残るのでこの人生を十分に楽しむことができる。
悪:我々には発展の可能性はほんの少ししかない。
天:だけど、何もしないで楽しく生きる可能性は大いにある。

原文はこちら

テムーレイ訳

訳者よりコメント:
Tsenddoo さんの皮肉った文書が好きです。過激な表現ですが、的を射たものが多いです。
まじめなニュースの他にもこういったものを載せるのもありかなと思い、サムライボンドに関するTsenddooさんの意見を紹介しました。
ボンドを出す、その裏にある責任というものを考えないといけないと思います。
この記事のTsenddooさんの冗談が現実となってしまうかどうかは政府の対応次第ですね。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

【お知らせ】JETRO通商弘報(ジャストグループが破綻、貯蓄銀行を国有化) 

ちょっと遅くなりましたが、お知らせです。

JETROの通商弘報に9月12日付で新しい記事がアップされました。

ジャストグループが破綻、貯蓄銀行を国有化 (モンゴル)

JETRO会員の皆様はリンク先からログインして
ご覧ください。

また、JETRO会員でない皆様も
これを機に通商弘報の購読をご検討ください。
JETROのサイト(こちら)からお申し込みいただけます。
(2週間のお試し購読サービスもあるそうです)

また、上記情報以外にも、モンゴルに関する様々な個別の情報につきましても
当社日本側窓口のバックフォースにご依頼いただけましたら、
リサーチ、情報収集し、レポートにまとめてご報告いたしますので、
お気軽にご相談ください。
メール:admin@backforce.co.jp

今後ともバックフォース
よろしくお願い申し上げます。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

政府庁舎北側で発砲事件が発生、省庁などに爆破予告も 

news.mnより(2013.09.16)

警察庁より先ほど、本日の「ガル・ウンデステン同盟」のデモとそれに関連して発生した事件について発表があった。
(中略)

スフバートル区8ホロー、政府庁舎の北側の敷地内にある玉璽のモニュメントの前で「ガル・ウンデステン同盟」の3名が銃を持って歩いていたところを警備員らが取り押さえ、さらに公安庁が事件を捜査しているとのこと。

警察機関は直ちに政府庁舎の北側の敷地を立ち入り禁止にして、不法にデモを行っていた者をスフバートル区長の第370号命令によりデモ参加者を解散させた。

朝10時28分に政府庁舎北側の庭園で手榴弾が見つかったとの連絡が警察にあり、関連機関が捜索し、爆弾処理を行った。
その後、13:50に「セントラルタワー」の南側のゴミ箱と自然環境グリーン開発省の南側の花壇付近に爆発物を仕掛けた」との連絡があったため、警察が現場に急行した。
これにより、セントラルタワー、自然環境グリーン開発省、鉱業省、国税庁の内・外部にいた市民、自動車を緊急に避難させ、警察庁、公安庁、軍084小隊、レスキューなどが共同で捜索し、爆発物を発見した。

具体的には15:30ごろセントラルタワーの建物内のゴミ箱から、17:30に鉱業省の南側の花壇の中から爆発物を発見し、処理をした。
捜査機関は刑法に基づき容疑者の捜索を始めている。

捜査機関は発見された爆発物を専門機関と共同で処理し、安全になったので市民は落ち着くように発表するとともに、企業には安全警備を強化し、警戒を高めるように呼びかけた。

捜査機関は現在、事件現場を立ち入り禁止にして巡回警備し、警戒に当たっている。

B.バト記者

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。