スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】JETRO通商弘報(投資法と投資基金法が11月から施行、対内投資の回復図る) 

お知らせです。

JETROの通商弘報に10月31日付で新しい記事がアップされました。

投資法と投資基金法が11月から施行、対内投資の回復図る (モンゴル)

JETRO会員の皆様はリンク先からログインして
ご覧ください。

また、JETRO会員でない皆様も
これを機に通商弘報の購読をご検討ください。
JETROのサイト(こちら)からお申し込みいただけます。
(2週間のお試し購読サービスもあるそうです)

また、上記情報以外にも、モンゴルに関する様々な個別の情報につきましても
当社日本側窓口のバックフォースにご依頼いただけましたら、
リサーチ、情報収集し、レポートにまとめてご報告いたしますので、
お気軽にご相談ください。
メール:info@backforce.co.jp

今後ともバックフォース
よろしくお願い申し上げます。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

スポンサーサイト

新空港の建設工事は順調 

gogo.mnより(2013.10.22)

昨日、ウランバートル新国際空港建設プロジェクトの進捗状況をアルタンホヤグ首相が視察した。
新空港ウランバートル市内から54km離れたフシギーン・フンディーに建設される。
建設工事はモンゴル、日本、韓国、米国、英国、フィリピンの80人以上のチーフ・エンジニアと700人以上の作業者が働いている。

新空港建設現場周辺では30以上の建物・構造物が建設される予定で、このうち滑走路の盛土、ターミナルビル、管制塔、変電所の基礎工事および長さ3.6km、幅60cmの滑走路の着陸誘導帯の工事が行われている。

新空港建設プロジェクトのエンフバト・マネージャーは
「建設工事に関連して280万立方メートルの表土を撤去し、今年の工程の進捗は94%である。また建物と滑走路の基礎工事のためそれぞれ148万立方メートルの土木工事を行う予定であったが、予定より27%多く実施した。
モンゴル政府の予算で管制塔、整備工場、貨物ターミナルを建設する。予算が通過すれば、来年それらの工事が始まる。
もう一つの課題として空港アクセス道路がある。54kmのうち17kmをウランバートル市の予算で建設する。
新空港の開港まであと1,171日である。」
と述べた。

空港の電力は2つの系統から供給する予定である。
1つはナライハから110kVの高圧送電線を敷設する。ナライハ変電所の建設作業は完了し、稼動許可を得るべく準備を行っている。もう一方の系統であるソンギノ変電所と結ぶ送電線の敷設は完了しており、来年ソンギノ変電所が完成すれば、接続を行う予定である。

冬期が始まることに関連して、建設・土木工事を11月中旬には終了する。
冬期の工事が停止する期間に各国のエンジニア、技術チームは来年建設する建物・施設の工程図を作成し、機械・設備を購入する。
建設作業を視察したアルタンホヤグ首相は、新空港を予定日に開港できるよう、各部署の責任者に要望した。

ちなみに、上記プロジェクトの建設工事には495億円が支出される予定で、日本の円借款により資金調達される。
これは、年利0.2%、40年の期間で最初の10年間は元金の返済が猶予されるという条件の融資である。

E.エルデネツェツェグ記者

出展:ウヌードゥル紙

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

三菱東京UFJ銀行に駐在事務所開設許可が下りた 

news.mnより(2013.10.22)

モンゴル銀行総裁の10月10日付決定で日本の銀行の駐在事務所ウランバートルに開設する正式な許可が出された。
日本の世界的金融コングロマリットである三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)は、世界40カ国以上に500を超える拠点を持ち、各種金融サービスを提供しており、市場の評価も高い。
世界的金融グループのMUFGの子会社である三菱東京UFJ銀行がまもなくウランバートル駐在事務所を開くことになる。
同行はモンゴルに駐在事務所を開設するために早くから計画し、去年調査を行っていた。そして去年5月に同グループの取締役会でモンゴルに駐在事務所を開設する決定が出され、申請書類を用意してモンゴル銀行に提出していた。
そのため、関連法規に基づき審査し、モンゴル銀行総裁のA-200号決定により三菱東京UFJ銀行駐在事務所開設の許可が下りた。

記者:D.ツェツェン

原文はこちら




8月の三井住友銀行に引き続き、日本の銀行がモンゴル銀行から
駐在事務所の開設許可を得ました。

日本とモンゴルの間の送金がより便利になることが期待され、
これによりモンゴルへ進出する日本企業にはメリットが増えますね。
モンゴル進出を検討中の方は、当社・バックフォースにご相談ください。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

ウランバートル市内で無料WiFiスポットを開設 

news.mnより(2013.10.17)

世界の情報が瞬時に伝わる現代は、インターネットなしでは想像もできない。
無線インターネットサービスを行うKEWIKO社がウランバートル市IT局と共同で、ウランバートル市内99か所に無料WiFiスポットを設置した。

利用者はソウル通り、エンフタイワン大通り、バガトイロー、ナライハ区の文化センター南側広場およびウランバートル市内の全ての公園で無料WiFiに接続できる。

上記スポットではスマートホン、タブレット端末、ノートPCなどWiFiに接続できる機器を通じて無料で時間制限なく好きなときにインターネットを使える。

原文はこちら



最近はウランバートル市民の多くがスマートホンを持つようになり、多くの若者がFacebookをしています。
無料WiFiスポットが増えて便利になりますね。
ただし、セキュリティーにはお気をつけください。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

【お知らせ】JETRO8月分モンゴル政治経済概況 

お知らせです。

8月分のモンゴル政治経済概況が10月04日付で
JETROのホームページに掲載されましたので、
ご案内申し上げます。

内容は、モンゴルの政治・外交トピック、経済動向・社会動向など、
モンゴルでビジネス、投資をご検討中の方だけでなく、
モンゴル経済をリサーチされている方にも
役立つ情報かと思います。

下記リンクからJETROのホームページに移動して頂き、
PDFファイルをダウンロードしてご覧下さい。
(JETRO会員でない方も無料でご覧いただけます)

モンゴル経済概況(2013年8月)

ダウンロードされた方は、よろしければ、JETROへのアンケートにもお答えください。

今後も経済概況は毎月更新されていきますので、
その都度ご案内いたします。

また、経済概況よりもさらに具体的な、個別の情報につきましても
当社日本側窓口のバックフォースにご依頼いただけましたら、
リサーチ、情報収集し、レポートにまとめてご報告いたしますので、
お気軽にご相談ください。
メール:admin@backforce.co.jp

今後ともバックフォース
よろしくお願い申し上げます。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。