スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【お知らせ】JETRO通商弘報(電子入札の導入で政府調達の透明化を目指す) 

お知らせです。

JETROの通商弘報に2月26日付で新しい記事がアップされました。

電子入札の導入で政府調達の透明化を目指す (モンゴル)

JETRO会員の皆様はリンク先からログインして
ご覧ください。

また、JETRO会員でない皆様も
これを機に通商弘報の購読をご検討ください。
JETROのサイト(こちら)からお申し込みいただけます。
(2週間のお試し購読サービスもあるそうです)

また、上記情報以外にも、モンゴルに関する様々な個別の情報につきましても
当社日本側窓口のバックフォースにご依頼いただけましたら、
リサーチ、情報収集し、レポートにまとめてご報告いたしますので、
お気軽にご相談ください。
メール:info@backforce.co.jp

今後ともバックフォース
よろしくお願い申し上げます。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

スポンサーサイト

新バス路線(第1地区~アルタイ住宅街~ザイサン)を開設 

Time.mn(2014.02.26)より
 
2月23日からウランバートル公共交通局がM-47「第1地区~アルタイ団地~ザイサン」バス路線を新設した。
バヤンゴル区の第1、第3ホローのドンド・ゴル、アルタイ団地の住民の要望により、
公共交通の需要に基づき、新経路を開設した。

現在、アティバス運送会社のバス8台が同経路で輸送サービスを提供しているとウランバートル公共交通局が報じた。

原文はこちら

訳:オーガントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

“リハビリ中”の鉱業分野における投資環境 

Unuudur新聞電子版より(2014.02.25)

0.76香港ドル。
これはタワントルゴイ鉱山のオハーホダグ鉱床で石炭採掘事業を実施し、精製した石炭を中国市場へ輸出している、
香港証券取引所登録の「モンゴリアン・マイニング・コーポレーション(以下、MMC)」
エナジー・リソース社の親会社)の昨日の株価である。

2010年、投資家はモンゴル企業が国際市場で資金調達の新しい歴史を開いたMMCの株式を
1株7.02香港ドルで購入していた。
当時、モンゴルの天然資源が外国投資家の注目を集め、ドル箱の収益機会と見ていた。
それにより、同社のIPOは成功に至った。

2011年からMMCの株価は10.66香港ドルに達した。このように輝いていた株価が3年間で14分の1に下落。
同社は、オハーホダグ鉱床で探査事業、精製加工、火力発電所、道路建設事業に1兆1千億トゥグルグを拠出した。
しかし、トゥグルグに換算すると、この会社の時価評価額は香港証券取引所で6,434億トゥグルグである。
これは、モンゴル政府の見込み違いで、不十分な調査による決定によって生じた被害の一例である。

モンゴル鉱業分野における国内外の証券取引所に登録された50社余は、この誤った決定の被害者である。
それらの会社に損害を与えた事件はこのように始まった。
モンゴルの石炭を輸出している「サウスゴビ・サンズ」社の株式を中国国有の神華社が買収交渉を開始し、
それを停止させるためモンゴル国会は「戦略的業種への外国投資調整法」を2012年春に急いで可決した。

世界市場から収益を得ている主要な分野で大国の国有会社に独占させないという建前は、正しかったが、
私たちは法律に複雑な規定を多く盛り込んだ。
過度にモンゴル側に有利で、ある意味で報復的な規定が、投資家には「モンゴルから出て行け」と
受止められただろう。

それで、投資家らはモンゴルに嫌気がさした。
事務所を開設していた一部企業は閉鎖して撤退した。
投資するつもりであった一部企業は、資源国で投資量制限を設定していないミャンマーなどの国へ行った。

モンゴルでプロジェクトを実施する会社の株主が急いで株式を売り始めた。
結果的にオールトラリア証券取引所、トロント証券取引所、香港取引所に登録されたモンゴルで鉱物資源プロジェクトを実施する全ての会社の株価が急落した。

投資家に譲歩せず、何かがある場合に殴ろうとするモンゴルで営業する彼らに、
プロジェクト持続のため資金調達に苦労していると、鉱業会議やフォーラムに参加するごとに説明している。

外国投資を『制限』する法律と同時に、一部の議員がオユトルゴイ投資協定を変更する提案を展開し、
さらに同プロジェクトの坑内掘り(第2フェーズ)の融資が完全に停止したことは、
投資家らが避けることに拍車を掛けた。
さらに、中国市場での石炭価格が下落し、モンゴルの輸出業者らが市場から圧力を受けていることも
重い負担となった。

MMCの他、香港証券取引所に登録された「モンゴリアン・エナジー」、
オーストラリア証券取引所に登録された「アスパイア・マイニング」、
「ブリナ・ミネラルス」、「ジェネラル・マイニング」、「モドゥン・リソース」、
「ヴォイジャー・リソース」、「ハランガ・リソース」、「ザナドゥ・マインス」、
トロント証券取引所に登録された「センテラ・ゴールド」、「デニソン・マインス」、
「オンテレ・ゴールド」、「エルデネ・リソース・デべロップメント(ERD)」
などの会社がモンゴルで営業している。

そして、「タワントルゴイ」、「バガノール」、「シベー・オボー」、「シャリン・ゴル」、
「モゴイン・ゴル」などのモンゴル証券取引所に登録された会社らが鉱業分野で営業している。

外国投資『制限』法の可決以降、ERD社を除くと、
モンゴルで鉱業プロジェクトを実施している大部分の会社の株価は上がっていない。

ERD社のピーター・アケルリ会長は
「アルタンナル金鉱床の金含有量を発表した後、同社の株価は100%値上りしたが、3年前よりまだ低い」
と話した。

MICCブローカー・ディーラー社は、2012年末までの外国投資の鉱業会社の株価の変動を鉱業指標で発表していた。
25社を入れた同指標は、2011年初旬に255.93ポイントだったのが2012年末に82ポイントに減少し、3分の1になった。これは、各社の株価が3分の1に値下がったことを意味する。
また、ランキングされる会社らの信用格付が低下し続けている。
例えば、MMCの信用格付を、ムーディーズ格付会社が「高リスク」から「超高リスク」に低下させた。

モンゴル政府が過ちを認め、外国投資を支援する法律を可決したが、投資家らはまだ警戒している。
投資環境に良い変更は無かった。外国直接投資は40%下落したままで新年を迎えた。

政府は投資制限でなく、投資支援の活動を行なうことになったと国際的に理解させるため努力している。
彼らはPR会社を雇って、モンゴルを国際的にアピールさせている。
しかし、専門家らは「オユトルゴイ」プロジェクトの坑内掘り建設事業の資金調達でリオ・ティント社に強硬な態度に出ないことが「リハビリ中」の鉱業分野への投資を復活させることにより強く影響すると話している。

記者:T.エンフバト
原文はこちら

訳:オーガントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

鉱物資源権益の52.2%は中国が所有 

Unuudur紙電子版より(2014.02.25)

モンゴル鉱業分野における外国投資100%の権益所有者の52.2%は中国の会社であると、
鉱物資源庁が先月の報告書に掲載した。

権益所有者数で英領バージン諸島、韓国、シンガポール、カナダ、オーストラリアと続く。
2010年時点で、鉱物資源庁は計4,137件の鉱物資源探査・採掘権益を1,907企業に発行した。

同年、エルベグドルジ大統領が探査権益と採掘権益の新規発行を禁止したため、
(3年間の有効期限が切れるにつれて)権益数が減少し、
昨年末時点で権益数は3,018件になり、所有者数は1,655になった。

権益所有企業数の推移

合弁

100%外資

国内資本

2010

150

264

1,493

2011

148

291

1,401

2012

157

330

1,337

2013.01.09

134

295

1,226



記者:B.ツェツェグスレン
原文と各国の権益所有グラフはこちら

訳:オーガントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

世論調査結果 

Udriin sonin紙(2014.01.22)より

1ヶ月も前の新聞記事ですが、モンゴルの世論調査の結果が掲載されていましたので
紹介します。

情報調査センターのMPO社が1月8~14日にウランバートル市中心部6区と地方6県(オブス、バヤンホンゴル、ウムヌゴビ、ウブルハンガイ、セレンゲ、ドルノド)に住む1,200人を対象に電話世論調査を行った。
(注:表の数値は四捨五入のため数値の合計は必ずしも100%になりません)

Q1.現政権に対する満足度インデックス(10点満点)

種類

インデックス

期待度

満足度

政府

保健省

6.75

4.55

△2.20

教育・科学省

7.27

5.77

△1.50

人口開発・社会保障省

6.47

5.50

△0.97

工業・農牧業省

6.70

5.62

△1.08

鉱業省

5.30

4.57

△0.73

道路・運輸省

6.94

5.97

△0.97

法務省

6.02

5.01

△1.01

国会

国会の審議活動

5.46

4.16

△1.30

国会の立法活動

5.56

4.61

△0.95

大統領

大統領の外交政策

6.24

5.91

△0.33

大統領の公約の実行

6.02

5.43

△0.59

 



Q2.もし明日総選挙が行なわれたら、どの党に投票しますか?

 

UB

地方

全国平均

前期比

民主党

40.9

39.3

40.1

2.1

連立与党

人民革命党

9.1

6.9

7.9

△1.0

 49.5

民族民主党

0.6

0.2

0.4

0.3

 

国民の勇気緑の党

1.5

0.7

1.1

△0.4

野党

人民党

23.8

31.1

28.0

3.5

28.4

その他の党

0.4

0.4

0.4

△0.3

 

分からない

18.7

21.4

22.1

△4.2



Q3.モンゴルで影響力のある政治家は?(単位:%、ポイント)  

UB

地方

全国平均

前期比

エルベグドルジ大統領

20.5

13.4

16.9

13.1

アルタンホヤグ首相

9.5

7

8.2

1.5

エンフボルド国会議長

9.2

5.1

7.1

3.8

バトウールUB市長

8.1

2.5

5.3

2.8

バトトルガ工業・農牧業大臣

3.6

4.3

4.0

3.0

B.バトエルデネ国会議員(人民党)

1.6

3.9

2.9

1.4

アマルジャルガル国会議員(民主党)

1.8

4.2

2.9

 -

M.エンフボルド人民党党首

0.9

4.8

2.9

 -

ガンバートル国会議員(無所属)

1.6

3.4

2.5

0.2

テムージン法務大臣

2.4

2.2

2.3

2.0

特になし

9.1

6.1

7.6

11.5

 



Q4.政権交代以降の民主党の政権運営をどのように評価しますか?(単位:%、ポイント)

 

UB

地方

全国平均

前期比

正しい政策を実行している

35.4

24

29.2

6.1

政策は正しいが、実行が不十分

27.2

36

31.9

△2.0

政策も実行もどちらも悪い

9.2

11.2

10.4

△5.3

現政権も前政権も変わりはない

14.7

12.5

13.5

△3.1

分からない

13.1

16.5

14.9

4.2


Q5.エルベグドルジ大統領が提唱した「大きな政府からスマート政府へ」についてどう思いますか?(単位:%)

 

UB

地方

全国平均

 

行政改革の1つの転機

27.4

17.0

21.8

支持

具体的に実現すれば非常に正しい一歩

41.2

47.0

44.3

 66.1

政治ショー

11.4

17.0

14.4

 

今のところ情報がない

20.0

19.0

19.5

 



Q6.人民党が国会で野党の役割を果たしていますか?(単位:%、ポイント)

UB

地方

全国平均

前期比

果たせている

26.7

28.7

27.8

4.0

問題を建設的にではなく、論争するために議論している

33.5

37.9

35.9

1.9

野党の役割を果たせていない

27.6

24

25.7

3.9

分からない

12.2

9.4

10.7

9.7



Q7.あなたは現在どのような問題に最も直面していますか?(単位:%、ポイント)

 

UB

地方

全国平均

前期比

物価上昇

19.6

22.6

21.2

0.2

UB市の大気汚染

18.1

7.9

12.6

7.3

収入不足

9.2

15.4

12.5

2.1

住宅価格の上昇

10.4

7.9

9.0

△2.8

ドル高トゥグルク安

7.2

8.1

7.7

△1.9

学費の上昇

6.0

9.1

7.7

△2.6

医療サービスの質

4.9

6.7

5.8

△1.2

交通渋滞

7.6

3.1

5.2

△2.1

学校・保育所の不足

4.5

4.8

4.7

△0.5

その他

10.4

14.4

13.6

2.8

 



Q8.あなたは最近3ヶ月で賄賂を贈りましたか?どの分野ですか?(単位:%)

UB

地方

全国平均

医療

4.4

2.6

3.4

教育

3.1

1.8

2.4

警察

2.1

1.0

1.5

司法

1.7

0.5

1.1

土地問題

0.4

0.2

専門検査

0.2

0.1

ホロー(区の下位の行政単位)

0.2

0.1

その他

1.9

0.5

1.1

賄賂を贈っていない

86.3

93.4

90.1



Q9.現在のモンゴルの社会・経済をどのように見ていますか?(単位:%、ポイント)

 

UB

地方

全国平均

前期比

経済は成長・改善している

20.7

13.2

16.7

4.3

困難な問題は多いが発展への期待はある

22.8

20.4

21.5

△13.0

拡大と縮小の分かれ目に来ている

20.1

25.2

22.8

△5.5

社会・経済は悪化している

30.3

35.7

33.2

11.5

分からない

6.2

5.5

5.8

2.8



Q10.新しい鉄道の線路幅の問題で、モンゴルは両隣国と相談した上で、中国と同じ狭軌を採用する可能性があります。このことについてどう思いますか?(単位:%)

UB

地方

全国平均

 

経済合理性を考えて狭軌を選択するのは正しい

24.1

27.5

25.9

賛成

両隣国と相談して決めるのなら言うことはない

29.5

19.7

24.2

50.1

中国と同じ幅を選択するのは間違いだ

19.5

19.0

19.2

 反対

1つの国の中に2種類の幅があってはならない

9.3

6.2

7.6

ロシア、中国の影響下の選択だ

3.9

10.5

7.4

34.2

その他

0.4

0.2

 

分からない

13.3

17.2

15.4

 

 



Q11.経済的に中国、ロシア以外でどの国と協力すべきと思いますか?(単位:%)

UB

地方

全国平均

米国

33.2

31.6

32.4

日本

25.7

29.5

27.6

韓国

17.4

17.7

17.6

ドイツ

8.2

7.3

7.8

英国

7.0

6.2

6.6

フランス

2.7

2.7

2.7

カナダ

0.3

0.5

0.4

カザフ

0.1

0.1

イタリア

0.3

0.1

インド

0.3

0.1

スウェーデン

0.1

0.1

その他の国

0.8

0.4

0.6

分からない

4.0

3.8

3.9

 



Q12.購読紙

UB

地方

全国平均

前期比

ウドゥリーン・ソニン

30.0

21.6

25.3

0.6

ゾーニー・メデー

8.3

10.9

10.0

0.2

ウヌードゥル

11.5

6.5

8.7

1.3

ウグローニー・ソニン

3.8

3.0

3.4

0.9

セルーレク

1.2

3.0

2.2

0.7

モンゴリン・ウネン

1.5

2.4

2.0

0.1

オルストゥリン・トイム

1.7

2.2

2.0

0.4

アルドチラル

0.8

2.1

1.5

1.0

ウドゥリーン・ショーダン

1.5

0.9

1.2

1.5

ウンデスニー・ショーダン

1.0

1.3

1.2

2.6

フムース

0.3

0.9

0.7

0.9

その他

9.2

6.7

7.8

1.6

新聞は読まない

28.8

38.3

34.1

7.7

 



Q13.よく使うニュースサイト

UB

地方

全国平均

前期比

www.gogo.mn

13.7

11.2

12.5

1.7

www.news.mn

11.4

9.2

10.3

2.0

www.medee.mn

10.5

7.3

8.9

1.2

www.zaluu.com

6.0

4.5

5.2

6.5

www.shuud.mn

6.4

3.3

4.8

1.7

www.chuhal.mn

4.1

2.9

3.5

0.6

www.olloo.mn

2.8

4.0

3.4

0.3

www.dnn.mn

3.6

3.1

3.3

0.3

www.caak.mn

3.3

1.9

2.6

1.7

www.zindaa.mn

2.5

2.7

2.6

0.9

www.time.mn

1.3

2.5

1.9

0.7

www.24tsag.mn

1.0

1.9

1.5

0.2

www.sonin.mn

0.4

1.1

0.7

0.2

その他のサイト

4.3

4.2

4.3

2.2

使わない

28.9

40.2

34.6

9.6

 

 



Q14. いつも見るニュースチャンネル

UB

地方

全国平均

前期比

MNB

35.8

39.1

37.7

2.2

TV9

17.2

19.6

18.6

0.9

TV5

8.4

9.6

9.1

0.7

MN25

6.6

9.5

8.3

-1.1

UBS

5.6

8.0

6.9

-1.1

Eagle TV

8.8

3.6

5.8

-0.8

TV8

7.7

4.1

5.6

0.6

NTV

1.7

1.2

1.4

-0.1

C1

2.1

0.6

1.2

0.0

ETV

0.8

1.2

1.1

-0.2

Mongol TV

1.6

0.5

1.0

0.6

教育TV

0.7

0.9

0.8

-0.1

Shine Delhii

0.3

0.2

0.6

-0.3

SBN

0.3

0.3

0.3

0.2

その他

1.4

0.9

1.2

-1.1

見ない

1.1

-

0.8

-0.1

 




この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。