スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルで鉄道用コンクリート枕木を生産 

mminfo.mnより(20140523)

“新鉄道”プロジェクトおよび将来建設する鉄道
ユーロ規格を完全導入する政策を掲げている。

これに関連して、鉄道用コンクリート枕木のデザインで国際的に認められた
イギリスのRailway Moulds and Systems(RMS)社が、ヴォッソロとパンドロールという
留め具に適合したコンクリート枕木の設計を使用する権利を
モンゴル国に無料、無期限で提供することを合意した。

道路・運輸省は1,520mm(広軌)の25トンの耐加重のコンクリート枕木のほかに、
ヴォッソロと“パンドロールの留め具に合ったレールの1,435mm(標準軌)の
コンクリート枕木も、この契約で要望し、RMSが承諾した。

この契約には道路・運輸省を代表して、
Yo.マンライバートル鉄道・海上交通政策実行調整部長と、
RMSのジョナサン・レイフィールド社長が署名した。

ちなみに、従来の木製枕木は8年間使用できるのに対し、
コンクリート枕木は50-60年間使用できるという標準がある。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

スポンサーサイト

EZニスが業務停止 

gogo.mnより(2014.05.22)

地方路線で業務を行なっていたEZニスエアウェイズ社が業務をつい先ほど停止した。

EZニスエアウェイズ社はニューコムグループの出資で2006年12月6日に設立され、
ウランバートル~チョイバルサン線に定期便を初就航させた旅客航空会社である。

同社は国内線のドルノド、フブスグル、ウムヌゴビ、オブス、バヤンウルギーの5県への6路線
および国際線の内モンゴル自治区フルンブイル盟ハイラル市への定期便およびチャーター便を運行していた。
EZニスは今後も地域での業務を継続することを目指していた。

地方路線のフライトの品質を改善したと利用者からは好評だった。
(中略)
EZニス社から正式に通知を行なった。下記に通知の内容をお伝えする。

お知らせ

EZニスエアウェイズLLCは2006年以降事業を行い、国民の航空会社として
何十万人ものお客様に継続してサービスを提供してまいりました。

残念ながら昨今の経済状況、会社の財務状況が悪化し、
今後通常の営業を継続することが困難になったため、
取締役会の決定により2014年5月22日より期限未定で、
業務を停止することになったことをお知らせします。

これまで当社をご利用いただいたお客様、ご協力いただいたパートナー
各位にお礼申し上げます。
会社の執行部、投資家は各自あらゆる手を尽くして、従業員の雇用保護、
中でもフライトの安全を確保するために努力してまいりましたが、
今後通常の営業を行なう資金のめどが立たなくなり、業務を停止することに
なりましたことを、長年にわたり誠実に、心をこめて勤務してきたスタッフ、
整備員、クルー、全ての従業員の皆様およびお客様にお詫び申し上げます。

EZニスエアウェイズLLC
2014年5月22日

記者:アリオンビレグ
原文はこちら



訳:プージェー藤井

波及しないことを願います。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

【お知らせ】JETRO3月分モンゴル政治経済概況 

お知らせです。

3月分のモンゴル政治経済概況が5月19日付で
JETROのホームページに掲載されましたので、
ご案内申し上げます。

内容は、モンゴルの政治・外交トピック、経済動向・社会動向など、
モンゴルでビジネス、投資をご検討中の方だけでなく、
モンゴル経済をリサーチされている方にも
役立つ情報かと思います。

下記リンクからJETROのホームページに移動して頂き、
PDFファイルをダウンロードしてご覧下さい。
(JETRO会員でない方も無料でご覧いただけます)

モンゴル経済概況(2014年3月)

ダウンロードされた方は、よろしければ、JETROへのアンケートにもお答えください。

今後も経済概況は毎月更新されていきますので、
その都度ご案内いたします。

また、経済概況よりもさらに具体的な、個別の情報につきましても
当社日本側窓口のバックフォースにご依頼いただけましたら、
リサーチ、情報収集し、レポートにまとめてご報告いたしますので、
お気軽にご相談ください。
メール:info@backforce.co.jp

今後ともバックフォース
よろしくお願い申し上げます。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

旅客列車15両を購入 

news.mn (2014.05.10) より

昨日、ウランバートル鉄道会社が新しい旅客列車を受領した。

モンゴルロシアのトヴェリ列車工場の客車15両を購入した。

新客車の受領式にはガンスフ道路・運輸大臣、ウランバートル鉄道合弁会社の
セレーネンドルジ社長、同社のドムボロヴィスキ副社長をはじめ、関係者らが参加した。

同列車は最新のデザインで、乗客の快適性を満たし、EU規格に適合していると専門家が説明している。

モンゴルロシア政府間で交渉を行い、モンゴルロシア合弁会社である
ウランバートル鉄道会社の資本金を2億5,000万米ドル増資する決定を出した。

決定により、ロシア側が1億2,500万米ドル、
モンゴル側が1億2,500米ドルを供出することになった。

そのため、その資本金でウランバートル鉄道会社で設備更新を行うことになり、
輸送能力を高めるために新しい客車15両を購入したそうだ。

記者:Sh.オチ

原文はこちら

訳:オーガントヤ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

MIATが新型機を導入 

news.mn (2014.05.07) より

一年前、MIAT国有会社がボーイング767-300型機を受領したが、
再び新しい飛行機を受領することになった。

詳しく言えば、MIAT社が米国のボーイング社からボーイング737-800型機を
賃貸契約により受領する予定で、新型機は今月11日にチンギスハーン国際空港に着陸する。

同機はビジネス・クラス12席、エコノミー・クラス150席で、
最進技術が装備され、長時間の飛行中、乗客の安全性と快適性を満たす
設備を整えている。

そして、ビジネスクラスの乗客向けには、
モンゴルやハリウッドの映画を高画質で視聴できる。

記者:B.ミシェール
原文はこちら

訳:オーガントヤ 



新機材をたて続けに導入しているMIATですが、
日本への路線の増便、値下げもお願いしたいところです。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。