スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業・貿易分野で静岡県と協力 

news.mnより(2015.08.05)

昨年5月13日に締結した覚書の枠内で、
産業・貿易分野での協力事業を今後は
産業省が担当する相互理解覚書に署名した。

署名式にはモンゴル側からエルデネバト産業大臣および関係者が、
静岡県からは川勝知事をはじめ50人以上が出席した。

本覚書の締結により、両国の経済的互恵関係が深化し、
中でも貿易の拡大及び発展に具体的な貢献となる。

その意味でも、6月に日本で開催された
「第7回モンゴル・日本官民合同協議会」の後に
静岡県代表団がモンゴルを訪問したことは、
自治体間協力の強化に意義があると見ている。

モンゴルは日本の間で初の自由貿易協定を本年締結し、
この協定を成功させるには両国の官民協力が重要な役割を果たす。

広範囲の協力は6月の産業大臣の訪日、両国官民合同協議会
ビジネスフォーラム開催により始まった。
これに関連して、モンゴル産業省が日本の経産省、
JETROと協力覚書を締結し、両国の産業、貿易、投資分野での
協力方針を明確にし、法的根拠を与えた。

G.ホロル記者
原文はこちら

訳:セレンゲ

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/1000-cf36d5a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。