スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約束手形の換金作業は当面延期 

Shuud.mnより2015.08.04

約束手形の換金作業は当面延期することになったと
エルデネバト大蔵大臣が発表した。

大蔵大臣は「2015年1月23日第7号国会決議により、
国の公共投資の工事を行ったにもかかわらず、
契約金額の残額が支払われていない案件や、
2014年度予算の公共事業の工事進捗が80%以上にもかかわらず
残額が2015年度予算に盛り込まれていない案件の資金を
政府の約束手形を発行することにより調達することを政府に命じた。

これにより、大蔵省から各省に対し、各予算執行機関が
2015年第7号国会決議に関する約束手形により資金調達する
案件リスト案を取りまとめ、閣議で審議し、2015年7月7日付第282号閣議決定を出した。

閣議決定に基き、2015年7月29日に大蔵省は市中銀行8行との間で
支払い保証契約を締結し、2015年7月30日から約束手形発行作業を開始していた。

大蔵省から約束手形を発行する際、上記閣議決定に定められた案件の残額を、
各省から提出された予算執行状況に基き、大蔵省省令
2012年第290号に定められた出資要件審査規則の15項目を
満たしたことを確認し、国の公共投資案件に支払う原則と同様に審査し、確認していた。

本日(8月4日)の時点で計81企業の約束手形を発行し、
関連する請負業者に送付し、市中銀行に書面で通知を送っていた。
しかし、本日国会の予算委員会の2015年8月4日付第17号決定により、
約束手形で支払う公共投資案件の工事進捗確認作業が完了するまで
支払いを行わないことを政府に指示した。

このため、国会の予算委員会が任命した確認作業部会の調査結果が出るまで、
約束手形の換金作業は当面延期する」と述べた。

また、大蔵大臣はこの約束手形発行作業の延期は大蔵省のせいではないと強調した。
さらに、約束手形を発行された81社を大蔵省が選定したかのような、
エルデネバト大臣が独断で選定したかのような誤解が広がっているが、
この選定作業を行う際には保健スポーツ省、文部科学省、建設都市計画省、
人口開発社会保障省などの各省から80%以上の工事進捗の企業に対し、
過去1年間の事業の監査を行い、15項目の審査基準を満たした場合に
約束手形を発行した。

これらの企業の換金のために銀行に資金を用意しているが、
国会の予算委員会が約束手形を換金する公共事業の進捗を確認し、
最終評価を出すまで延期することになったということを申し上げたい、
と述べた。

P.ナランデルゲル記者
原文はこちら



訳:プージェー藤井

公共投資を請負った企業が政府から代金を支払ってもらえずに、
期限超過債権、不良債権が増え、一部の企業は倒産していました。
建築業界はバーター取引が行なわれ、市中に現金が不足している状況で
政府は対策を打ち出したのですが・・・。
その中心となる大蔵大臣も人民党の連立離脱により今は空席となっており、
この問題の解決にはまだ時間がかかりそうです。
(プージェー)

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ
人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/1001-ec5fbb36

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。