スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タワントルゴイ鉱床のモンゴル人への影響 

News.mn より(2010.10.26)


  専門家によると、タワントルゴイ鉱床の埋蔵量が約640億トンと言われている。ライサンスを所有するモンゴル政府が同鉱床に頼って、エルデネス・タワントルゴイ社を設立した。総150億を発行し、国民にその10%を分配し、国内企業に10%、内外証券取引所にて30%を販売するとCh.フレルバートル行政管理庁長官が発表した。
  150億の10%と考えると、15億のことだ。これを内外に住むモンゴル国民に分配すると1人に約500が与えられることになる。の値段についてエネルジ・レソルス社が港証券取引所で売ったの元価が予想されるが、政府としてエルデネス・タワントルゴイの株はそれより高い値段で売る努力をするという。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/107-5a765982

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。