スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーボディー・エナジーがタワントルゴイ鉱床の入札に 

News.mnより(2010.11.03)

アメリカで石炭採掘の最大手と呼ばれるピーボディー・エナジー社の経営陣がN.アルタンホイグ副大臣と会談を行った。タワントルゴイ鉱床国際入札の募集に関して、同社が参加する意向を表明した。そのため、タワントルゴイ鉱床の国際戦略協同入札の募集はいつ行われるかと聞いた。また、入札に参加するため、まもなくモンゴル政府へ巨大なプロジェクトを提供するようになったと副大臣に述べた。
なお、ピーボディー・エナジーは1年間に100万トンの石炭を採掘する世界に誇る会社であると主張し、このような量の石炭をタワントルゴイより採掘できると述べた。
この目的のため、協力事業を進められるようになったら、モンゴルにとっては高成長や経済的に大きな機会が近く見られていると述べた。
その回答として、N.アルタンホイグ副大臣は、我々はできるだけ多くの会社が参加できるようにしている。まもなく、入札の募集が始まると述べ、タワントルゴイ入札条件として、輸送、前払い、港の利用、投資、売上条件について検討を行うなど特別な条件が挙げられているので、これに注意を払ってほしいと述べた。原文はこちらへ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/118-35c53b6c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。