スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

管轄局を設け、処方薬の自由販売を規制する 

Daily news新聞(2010.05.31)

国会議員兼厚生大臣のLambaa氏のインタビューより
先週、1999年に採択された「医薬品および保健関連機器に関する法の修正法案」を国会で議決した。これまで4回にわたり、修正を加えてきた法案である。偽薬の輸入や一般市民が薬を処方なしで自由に購入し、使用する状態がこのまま続くとモンゴル人の健康に悪影響を与えていく。世界保健機関の調査によると中国とロシアで偽薬が多く生産されている。人々が手荷物に入れて自由に持ち込んだりするほか、基準検査の機関が十分に機能していない。こうした状況の中、同法に修正案を入れる必要性が生じてきた。同法が修正されたことによって医薬品の登録、ライセンス付与、品質管理の仕組みが明確になった。医薬品の管理、登記、監視をとりまとめる官庁(エージェンシー)を設けることになった。アメリカや欧州では同じ政府部門がある。
又、同修正法案では現代医学治療法(いわゆる欧米式)に加えて伝統的治療法に関する規制・管理も入れた。前は伝統薬について言及されておらず、登記も義務付けられていなかった。
専門官庁(エージェンシー)は2011年の7月からスタートする予定だ。一年後にする理由は、来年1月1日にアジア開発銀行の支援で5.4百万USドルのモンゴル国医薬品安全問題に関する調査プロジェクトが実施される予定のため。同プロジェクトの調査結果がまとまった後、専門官庁を作るのが有効的だと見た。
又、同法で処方薬の広告が禁止された。ただ、ビタミンなど一部医薬関連品の広告は対象外。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/13-f37d5922

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。