スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生の石炭の価格と大気汚染防止燃料の品質について 

地質・鉱山新聞11月号(No.32)より

道端で売られている大気汚染防止用の圧縮燃料が、消費者に高く売られている。品質が悪く、火力が弱いという声が、寒くなるとよく聞こえるようになったのは事実である。
 ウランバートル市の大気汚染を改善するため、市の3つの区の指定された地区では、生の石炭の使用を禁止する市長の命令が出され、一部の世帯では、煙の少ない燃料を、火力が弱くても使うより他に仕方が無くなった。市の対策は、考え方としてはすばらしいが、実際には逆に問題が多く、消費者は不満を募らせている。モンゴル人がこれまで使い慣れてきた生の石炭は、その多くがツァイズ・ザハで売られている。
 現状、そのザハでは、ナライハの石炭が1.5tトラック一杯で130,000~160,000MNT、5tトラック一杯で300,000~350,000MNTである。一方、アラクトルゴイの石炭は1.5tトラック一杯で140,000~170,000MNT、5tトラック一杯で400,000~450,000MNTで売られているとのこと。去年より値上がりしたと消費者は言っている。
 卸業者が石炭を仕入れるのに最も近い炭鉱はナライハにある。石炭の不法採掘業者の数が減ったことに関連して、値上がりしたと卸業者は説明している。ナライハの炭鉱では落盤事故が相次いだため、不法採掘業者が減ったとのこと。
 石炭価格と供給がこのような状態なので、煙の少ない圧縮燃料は1袋6,000MNTで売られているという。供給はそこそこあるのだが、火力が弱い、すぐに燃え尽きるなどの理由で、消費者は圧縮燃料を使いたがらないとのこと。生の石炭の使用を禁止された地区の住民は、「真冬が始まり、寒さがさらに厳しくなると、生の石炭を使わざるを得なくなる。今でも使っている」と話している。現状がこのようでは、ウランバートル市の大気汚染を防止すると言うだけ無駄のようだ。
 煙が多くても生の石炭を使って暖かく冬をすごしたいと市民が望むことと、大気汚染を段階的に改善することは天と地ほどの差がある。このような現状なので、ウランバートル市の大気汚染の改善は、まだまだ遠い道のりにある。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/132-71941b68

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。