スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年首都に100軒の建物が建設される 

Unuudur 新聞より(2010.12.14)

2011年の首都ウランバートルの社会経済目標と、その予算が知事官房及びウランバートル市役所より公表された。来年、ウランバートル市の予算で、ホローの建物、学校、幼稚園、病院の増築などの61軒の建物が建てられるように計画された。また、それらに加えて39軒の建物を償還条件により建てることを検討する。また、国民の便利な生活を満たすように、ウランバートル市の各区内に10億トゥグルクを投資し、公園、噴水などを作る予定。国会よりウランバートル市の予算を確定する際、首都予算の大部分を占める学生、高齢者、障害者たちに付与されるバスの割引額の50%を国家予算より出させるように決めたので、こうしたお金で首都内にたくさんの雇用を創出する機会が与えられたという。
首都議会が今月の24日に開かれ、来年のウランバートル市の予算を決定するという。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/138-f6c5ba0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。