スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開発銀行の入札に日本が選定される可能性が高い 

news.mnより(2010.10.23)

政府の指示に従い、2日後に開発銀行の入札結果が出される。前評判では、韓国チームと日本チームのどちらが選定されるだろうと予想されている。昨日、行われた政府会合において、開発銀行の件を検討した。会合の前日、D.ソガル国有財産管理委員会長の話によると、「入札結果は今月の25日に出るはずだ。国有財産管理委員会の決定を政府会合にて必ずしも検討する必要はない。入札結果が出次第、選定されたチームが仕事を始める」とのこと。しかし、入札の結果が出る前に、昨日の政府会合でこれについて長時間にわたって検討したが、結論に至らず、再度検討することにした。
観察者によると、一番可能性が高いのは日本だ。入札募集前、開発銀行に対して深い関心を持ち、JICAが最初に案件を提出していたという。彼らが開発銀行を外部からの干渉を受けず、実力のある人たちに経営させる経験を述べていたことから判断すれば、初めから入札に勝つという自信が感じられた。
さらに、世界銀行、アジア開発銀行、USAIDなどの機関とも協力することについて意見を交換したという。
今年の内に、開発銀行を創立し、事業を始めさせることを、政府より国有財産管理委員会と国内開発委員会に指示したという。国内開発委員会長Ch.ハシチョローンが開発銀行を経営するかもしれないという予想が現実になり、彼が取締役会長に任命された。まだ建物も組織もない銀行の会長に、国会から160億トゥグルクを「餞別」として出資し、銀行の旅立ちを見送った。モンゴルの商業銀行に関する法律では、自己資本は80億トゥグルク以上であることと比較すると、声を失うほど驚く人も少なくなかった。しかし、開発銀行は商業銀行と比べることはできない、全く違う活動を行い、必要な資本金も非常に大きいことは容易に理解できる。それゆえ、数千億トゥグルク必要であると以前から告知されていた。Ch.ハシチョローンは政府の要職にある。日本で大学を卒業した彼にとっては、日本が選定されれば...という期待があるらしい。なぜなら、開発銀行取締役会長が入札に選定されたマネジメントチームと契約を締結し、協力事業を進めることになるからである。
原文はこちらへ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/148-62bc8ffb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。