スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バガノール石炭鉱山への投資は無駄になった 

Daily news 新聞 (2010.05.17)

Ts.ツェンゲル議員のインタビューより
(国有企業の)バガノール(Baganuur)石炭鉱山では100億トゥグルグの資金が投入されたが、使い方がとても悪かった。組織体制やマネジメントが悪い。資金の用途として 掘削機しか買わなかったという。しかしこの鉱山では採掘した土を運ぶトラックの方が不足している。既に8台も掘削機があるのに、9台目を買ったというのは、資金を無駄にしたと言う他はない。モンゴルは機械や設備などを生産しない国である。もし、機械や設備などを買おうとしたら、世界市場における物価で買わなければならなくなる。その上、運送代もかかる。そんな高い買い物をするのに、何も調査をしないでやるという無責任さ。国家予算から捻出している資金のこのような使い方については、関係者に責任を追及する。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/15-41b99af9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。