スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル人の行列が中国へ流れている。 

Unuudur新聞より(2011.01.19)

モンゴルの伝統的な祭りのお正月が近づいたこのごろ、中国へ行くモンゴル商人の流れが増え、中国人商人の収入を増やしていると中国のゴロバルタイムス新聞がその喜びの様子を伝えている。新聞記事の要約は以下のとおり。
モンゴル人がお正月の準備ため、北京やエレーン市へ行くのが多くなった。先週だけで2500人のモンゴル商人が来たという。中国商人(32歳)の話によると、1月が明けてから彼の商店に1日平均50人のモンゴル人が来て、いろいろな商品を購入しているという。彼もモンゴル人のために営業時間を延長して働いているという。過半数のモンゴル人が絹と安い服を購入する。モンゴル人の多くは中国語がわかるし、もし分からなければ電卓で取引を行っていると述べた。または、モンゴルにビジネス訪問をしていた別の中国人(36歳)はモンゴル商人が中国から100CNYで買ったシャツをモンゴルで800CNYで売っていると述べた。北京税関の職員の話によれば、モンゴル人が宗教用器具、偽物の玉飾り、果物、野菜、安い服などを多く買っているという。毎年この時期には中国商人の収入が急に上がると同新聞記事には書かれていた。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/159-5f8ad2d5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。