スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小麦粉価格が変動せずに済むことになった 

Unuudur 新聞より(2011.01.19)

「モンゴル政府は2011年に食品の供給を増やし、品質を改善させ、国民の安全性を満たすことに注意して、国内企業を支援する対策を行っている」とS.バトボルド首相が小麦粉製造会社との会談の際に言った。 会談の際、小麦粉製造会社の頭を悩ませる二つの問題を解決したので、2011年の間は小麦粉価格が変動せずに済むことになった。小麦粉の関税率は季節を問わないようにして、国内で製造される小麦粉の消費税を2011年の7月まで免税した。小麦粉製造会社が首相に対して、この期間を延長するよう要望を提出した。首相がこの問題を再検討し、適当な程度にて止める可能性があると述べた。また、国内で製造された小麦粉の消費税を免税することも決めておく。政府が消費税法に修正案を作り、国会へ提出した。近いうちに、問題が解決されるだろうと前向きな回答を首相は小麦粉製造会社に言った。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/160-0a5e63d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。