スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ts.エルベグドルジ大統領にオックスフォードの連合が講演依頼 

Unuudur新聞より(2011.01.21)

モンゴル国のTs.エルベグドルジ大統領にオックスフォード連合代表ジェームス・ジェームス氏が手紙を送り、オックスフォード大学で講演するように招待した。手紙によれば、「我々の招待で、世界で認められた指導者やリーダーたちが講演する伝統がある。オックスフォード大学で講演したリストの中でダライ・ラマ、マザー・テレサ、ウィンストン・チャーチル、元アメリカ大統領のリチャード・ニクソン、ロナルド・レーガン、ジェームス・カーター、また、マデレーン・オルブライト、ロバート・ケネディ、ジョン・マケインなどの世界で有名な人名が書かれている。今回、同リストにTs.エルベグドルジ閣下のお名前が書かれることを喜んでいる。国際では認識された優秀な指導者であるTs.エルベグドルジ閣下がオックスフォード大学を訪問し、価値ある自由な言葉を述べてください」と書いてあった。オックスフォード大学に所属するオックスフォード連合は同大学の創立者の提案で言論の自由を擁護するため1823年に設立されたという。オックスフォード大学で講演する2011年の来賓としてTs.エルベグドルジ・モンゴル大統領が招待されたという。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/162-bc11f49f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。