スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 年までにウランバートル市の煙をなくすように計画した。 

Unuudur新聞より(2011.02.15)

昨日、モンゴル大統領の案件で首都の大気汚染物質を減少することについての法律が採択されたことに関して、D.バトトルガ大統領行政長が二人の大統領アドバイザーと共に国会議事堂にて記者会見を開いた。国家安全保障局が首都の大気汚染物質について検討し、災害に至ったと判断し、モンゴル大統領がこの件で法案を作ることを命令した。同法は通常の基準で有効になる。大気汚染物質に対して、政府決議、首都国民代表会議の決議、国会から確定されたプロジェクトなどがあったが、この問題を調整する法律がなかったという。同法に応じてゲル地区の電線のネットワークを改善する予定。ゲル地区に限定地帯を確定し、基準を満足したストーブや太陽エネルギー及び風力を利用しながら自然環境に優しくてもっと安い暖房機を提供するという。 また、18時から9時まで使用した電気料金を50%まで値引きする制度を作る予定だ。「2011-2012年の冬にある程度の結果に至るように同法案が作られた」とD.バトトルガ氏が述べた。限定地帯をウランバートル知事と自然環境観光省の共同命令で定めるという。
また、太陽エネルギーや風力などの装置、設備、断熱材、電気やガス用暖房機の関税と消費税を免税するように同法に反映されたという。その上で、煙を減少することに貢献するため、標準のストーブ、ゲルのフェルトカバー、家を標準の断熱材で暖房した世帯の個人所得税を免税するように法案も作っているそうだ。首都の煙をなくすための仕事にお金を寄付した企業の所得税もその額に応じて免税するようになったという。同法を実行させ、2014年までにウランバートル市の煙をきれいするという。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/175-f019beef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。