スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公害防止対策を研究した 

News.mnより(2011.02.23)

国会議員のLu.ガントゥムル氏、Kh.テムジン氏、J.エンフバヤル氏、Ts.ダワースレン氏が日本で任務を果たして来た。訪問の際に彼らが日本、名古屋市の近くある三重県の工業都市を視察した。1960年から1970年にかけて同都市は急速な産業の発展を遂げ、その結果環境破壊に苦しむようになり、市民が大気汚染による病気に悩まされた。一方、日本政府が環境問題に注意を払った結果、以上の問題を克服したという。その為、モンゴル国会議員らが大気汚染、煙の問題解決するために日本が産業にどんな基準を適用したか、法的にどんな調整をしたか、企業を法律に従わせる為にどんな対策を採ったかについて同都市を研究することを目的とした。さらに、訪問団長、国会議員のLu.ガントゥムル氏が日本の中小企業を見学した。日本の中小企業は大企業の後を追って発展するそうだ。モンゴルでどのように大企業を開発し、鉱山に沿った中小企業を発展させるかということがモンゴルにとって重要な問題の一つになっている。
原文はこちらへ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/180-3be1a229

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。