スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アップルがモンゴルで支店を開く 

News.mnより(2011.02.26)

米国ソフトウェア高度技術アップル社を知らない人は滅多にいないだろう。ところで、間もなくモンゴルのBodi Electronics社が技術・コンピュータ分野の一流企業であるアップル社と協力しモンゴルアップル支店を開くことを正式に発表した。世界各国に支店を持つ同社がモンゴルに関心を持ち支店を開くことになったのは次のような理由がある。モンゴルの総人口の大多数を若者が占めており、経済が日々急速に成長している為、彼らがモンゴル支店を開くことになった。さらに、「ルイ・ヴィトン」、「ボス」、「モンブラン」、「ディオール」など世界的規模を誇る高級ブランドの支店がウランバートルにあるのも彼らが関心を持つ原因になったとのこと。以前同ブランドの製品はモンゴルに小企業及び個人によって輸入されていたが、いかがわしくて値段が高かった。一方、正式支店を開くことで最新モデルで適正価格の製品を購入する機会が開かれるとアップルが通知した。ちなみに、同社の幹部がモンゴル市場向け新製品の開発を予定しているそうだ。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/183-a43f3dd0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。