スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在モンゴル日本大使館が感謝の意を表した。 

Mongoliin unen 新聞より(2011.03.14)

未曾有の自然災害の被害を受けた日本国民のため真心からの援助の運動がモンゴル全体で行われている。モンゴル政府が100万USDを援助し、災害救助隊を送るように決定した。それ以外にも、政府、民間企業、一般国民からも寄付が寄せられつつある。これ関して、在モンゴル日本大使館の日野耕治参事官が報告した。彼は「地震による津波のせいで日本の東北地方に大きな被害を受けた。モンゴル大統領、モンゴル首相、公務員、モンゴル国民から書面によるお見舞いをいただいた。休日だったにもかかわらず、モンゴル政府が閣議を行い、日本国への援助について検討して下さった。モンゴル人も寄付・援助をするように提案し、いろいろな方法で援助するように頑張って下さっている。自然災害の被害を受け、困難な状況に直面したこの時に手を伸ばしてくれたモンゴル国民の真心に対し国の代表として厚く感謝を申し上げる」と述べた。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/188-bef1fd4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。