スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルの石炭鉱山についての外国人投資家の考え方 

News.mn (2011.04.11)

モンゴルの石炭が世界で注目されていることの表れとして、「McCloskey モンゴルの石炭とインフラ-2011」コンファレンスが先週、2日間にわたって行われた。この際、世界20カ国の石炭部門の投資家らがモンゴルへ来た。彼らの過半数はモンゴルへ何度も来て、石炭部門に投資する可能性について調べているという。投資家の一人の”ユーラシアキャピタル”社長のアルシル・アリ氏にインタビューした。
-モンゴルの石炭から投資家への利益をどのぐらいと予想しているか?
モンゴルの経済にとって、石炭は本当に重要だ。これまでモンゴルに投資する会社が380億USDを資金市場から調達した。このうち30%が石炭部門の投資家だ。この数字は急速に増加している。しかし、これはまだ序の口だと言いたい。今後3年間に石炭分部門より7億~8億トゥグルクの新規株式公開が行われるだろうと思っている。当然、このうち過半数はタワントルゴイが占めると思っている。
-“エルデネスタワントルゴイ”株式会社の新規株式公開の実現性についてどう思うか?

私にとっても、他の投資家にとっても、モンゴルの石炭投資に関して分かりにくい問題がたくさんある。私が理解した限りでは、モンゴル政府はタワントルゴイの石炭を採掘するため、3つの会社を作った。これらの会社がお互いに競争するらしい。また、モンゴル政府は自力で石炭を採掘して、販売するらしい。これは石炭価格を下げる方向 に影響するだろうと思う。また、タワントルゴイ鉱床を二つに分ける必要があるのだろうか。
-モンゴル政府は総株式の30%を世界の証券取引所で販売するように決めた。これについてどう思うか?
これも私にはよく分からない。モンゴル政府がこのような不可解な問題などを解決しないと、損失が出る可能性が非常に高くなる。また、資金市場を発展させる必要がある。
-モンゴル政府からの決定に対して非常に心配されているようだが?
その通り。石炭を輸送する鉄道ができた後には、皆がモンゴルの石炭から利益を得ようとする。それゆえ、私が最も恐れているのはモンゴル政府である。
-コンファレンスのテーマの1つとして石炭部門のインフラの問題が挙げられた。モンゴルの石炭部門のインフラを改善するのに、どのぐらいの投資が必要となると思うか?
私の考えでは今後5年間に100億USDの投資が必要になると思う。基本的に成長率は非常に高い。

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/213-c849f29f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。