スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界科学技術都市連合(WTA)会議がモンゴルで開催中 

Shuud.mnより(2011.04.14)

世界科学技術都市連合(WTA)及びUNESCOの共催で、「モンゴル高度情報通信技術革新クラスター設立に関する協力」をテーマに会議、セミナーが今日(4月12日)モンゴル国立情報技術パークで開催されている。
WTAは、同様の活動を行う各技術パークの安定的発展を支援することを基本目的とする名高い国際機関であり、1998年に韓国大田(デジョン)市で創立され、現在39ヵ国の77機関が加盟している。モンゴルICTPA(情報通信技術郵便庁)は2010年10月に正式加盟した。また、モンゴル国首相S.バトボルドによる韓国公式訪問に、ICTPA及び業界の幹部が同行した。訪問の際、モンゴルICTPA局長がWTA事務局長と共に、モンゴルでの高度情報通信技術革新クラスター設立の可能性の確認、協力への相互理解に関する覚書に署名した。
「モンゴル高度情報通信技術革新クラスター設立国家プロジェクト」の作成事業を成功させるのに、同様の活動を行う他国各機関と協力、経験の交換、技術支援を受ける必要があり、WTA及びUNESCOの代表たちが、行政・民間機関、各大学、研究機関の協力関係を築き、国際的に経験の交換を行う目的で、今年4月10日~14日にかけて会議を開催している。
原文はこちらへ

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/216-5a782977

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。