スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「建設・住宅-2011」展示会が行われた 

News.mnより(2011.4.21)

 毎年、春に行われている「建設・住宅-2011」展示会が「緑の地球、グリーン建設」をテーマに、2011年4月22-25日にミシェールエクスポで行われることについて、モンゴルニュース情報センターで記者会見があった。会見には教育アドバイス情報センター長官G.バトスフ、「Barilga.mn」誌代表Ch.バートルスレン、モンゴル国立商工会議所・建設委員長 B.アマルサナー、モンゴル建築家協会会長Ts.バトバートルおよびモンゴル土木学会理事長B.ガントゥムルらが出席し、展示会の情報を発表した。

 この展示会は、道路交通建設都市開発省、土地登記・建築測量庁、「Barilga.mn」誌、モンゴル国立商工会議所の建設委員会、モンゴル建築家協会、モンゴル土木学会の協力で行われ、
 展示会には
  ・新築マンション購入者を募集中の企業
  ・金融機関
  ・建材メーカー、建材輸入車 
  ・建築機械、建築設備販売業者
  ・インテリアデザイナー、ランドスケープ、造園、造成関係者
 など、140以上の企業が参加し、来場者数が最も多く、これが「建築住宅-2011」展示会への人々の関心の高さを示している。

 展示会には、新築マンションの予約販売を行う50以上の企業が参加し、展示会期間中、マンション購入を検討している人向けに、値引きや特典を提供するだけでなく、その場で銀行ローンやリース契約をして、希望するマンションの購入を可能にしている。
戸建て住宅の建築業者の建材や技術を見学し、ガイドブック、カタログなどがもらえるほか、庭や別荘に緑地を作る、家を修理する、オフィスのインテリア・デザインを変更するなどを決めているのであれば、専門家に相談をし、リフォームさせたり、予約することもできる。
また、建材業者や輸入業者らの最新技術を見学するだけでなく、購入できるなど、いろいろな分野にわたるのが当展示会の特徴である。

 この展示会のメインスポンサーには、イヒ・ウイルスィン・エレルド有限責任会社とバヤンモンゴル・ホローロルが、スポンサーとして、フングンベトン株式会社が、メディアスポンサーとしてSBN-TV、ショールハイ・ザル新聞、Zarmedee.mnサイトが、それぞれ参加している。
この期間中、「グリーン建設―省エネルギー」というテーマで、建設専門英語のコンクールが科学技術大学で4月23日に行われる。
展示会の期間中、「最も快適なグリーン住宅」、「環境に優しいグリーン技術導入企業」、「最優秀省エネ製品」などを選んで発表する。
展示会の開会式は2011年4月22日14時から行われ、建設部門の政府機関、NGO、企業の経営者が参加するという。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/225-6096472e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。