スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウランバートルに日本のパン屋さんがオープン 

何と近所に日本の味のパン屋さんがオープンしていたので紹介します。

pan2.jpg
TOKYO BREAD
住所:Ulaanbaatar, Bayanzurkh duureg, 6-r khoroo, 51 bair 1F
アクセス:相撲会館すぐ東側の道を南下し、歩いて4分程。MrPizzaの隣です。
電話番号:99017057, 95232399
営業時間:10:00~20:00
定休日:不定休

pan6.jpg pan7.jpg
焼き立てのパンが並んでいます。柔らかいイギリス食パン(850T)も。店内でカットしてもらうとモンゴル風の薄切りですが、焼き立ての場合まだカットされていないので、家で6枚切りや5枚切り等好みの厚さにカットして美味しいトーストにしても。

pan3.jpg pan5.jpg
メロンパン(1つ350T)やモンゴルで珍しいふわふわのバターロール(4つ600T)。

pan4.jpg
店内の様子(開店直後に行ったので商品がまだ少なめですが)。イートインスペースもあり、飲み物も販売している。奥のショーケースには将来的にケーキも並ぶ予定。

店主のラントーさんは日本の製パン・洋菓子用攪拌機の製造を行う会社(株式会社愛工舎製作所)で研修し、最初の2年間は機械の製造に関わっていたものの、パン作りや洋菓子作りに興味を持ち研修の残りの1年で猛勉強。見事モンゴルに帰ってパン屋をオープンした。

日本の味がモンゴルで食べれるのは在蒙日本人や日本に滞在歴のあるモンゴル人にとって嬉しい限りだが、ラントーさんは「日本のパンはとても柔らかくて美味しいので、是非モンゴルの人にも食べてもらいたい」と話す。その言葉通りパンの価格はどれも本当に良心的!今後色々なスーパーにも卸していくつもりだそうだ。

pan1.jpg
店主のラントーさん。

*ここに書かれている情報、価格は5/11現在のものであり変更している可能性があります。

関連記事

コメント

メロンパンおいしそう

今度行ってみようっと。
うちの近所のスーパーにも卸してくれたらいいなあ。
がんばれ、ラントーさん!

ご近所なので言ってみました

ここのご近所に引っ越してきました。
気になっていたので、こちらの記事を拝見したのをきっかけに買いに行ってみました。
リーズナブルなお値段で、しかもおいしいので、最近は毎朝ここのパンにしています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/234-5eca35e7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。