スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽橋建設の進捗状況は60% 

Udriin sonin紙より(2011.06.10)

 日本政府の無償資金協力で高架橋、太陽橋(モンゴル名:ナルニー・グール)が建設中である。
現在、ウランバートルで利用されている最大級の橋, エンフ・タイワン橋よりさらに大きな橋で、ウランバートル市民のこの橋に対する期待は高い。

 太陽橋が開通することで、市内交通の渋滞が減り、ウランバートル市のインフラ整備による経済的な効果が期待される。インフラ整備が市に発展をもたらし、ハンオール区のツァガーン・ハーラガ(白い門)周辺がウランバートル市の中心地域になることも考えられる。

 日本の政府から建設費用の450億トゥグルクの無償資金、機械と人材の協力をしており、日本JFE社とモンゴルのUlaanbaatar barilga社, Hotyin zam社, Yalguusan社が合同で建設にあたっている。
ここで働く30人の日本のエンジニアから、その技術をモンゴルのエンジニアが学び取り、次回自分たちの力で建設する高架橋に生かすという。
太陽橋は、2012年11月に完成する予定だ。

日本は津波に合い、大変な時期にあるけれども、無償資金協力を続けていることに感謝している。こちらのモンゴル側がやるべきことを、しっかりやっていきたい」と話すのはモンゴルエンジニアのデムーレンだ。

関連記事 日本の新技術で太陽橋の橋げたを設置した [2011/06/06]

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/269-4090020f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。