スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴルがウランのSuper Regionに含まれる 

News.mnより(2011.06.27)

モンゴルウランのSuper Regionに含まれる

原子力エネルギー庁の専門家B.ムンフトゥル氏が、国際原子力機関(IAEA)の主催で行われた「原子力安全」会議のウラン埋蔵地域及びウラン鉱化の起源に関する技術専門家小会議に参加した。

同会議では特にウラン専門の地質学者、研究者が意見を述べた。例えば、どのような課題を提起したのか?

地球上のウラン埋蔵地域及びウラン資源に付随して存在する鉱物について、それからアジア地域がウラン埋蔵量で世界に対してどの地位にあるかについて検討した。各国のウラン資源構成を専門家らに紹介する会議である。世界各国がウラン資源の埋蔵量で重大な地域、非常に重大な地域(Super Region)、普通の三つに分けられる。会議の結論によると、非常に重大な地域には中央アジア地域が入る。その中で、カザフスタン、キルギス、ロシア、モンゴル、中国という順番に並ぶ。

また会議の際、ウラン分野に対する各国の方針、探査及び採掘のレベル、各国の原子力エネルギー分野の現状などについて検討した。以前は、世界各国で原子力エネルギーの主流になる方針だった。しかし、福島原発事故のせいで、各国がある程度慎重になった。しかし、この状態は一時的なものだと、同分野の専門家らはみている。つまり、各国が原子力分野における対策・施策を再確認し、安全対策を強化している。我々は、同会議を通して原子力分野で実行している施策、探査事業、近い将来にどの鉱山の事業を開始するかなどについて紹介した。

各国の専門家らはどのような新技術を紹介したのか?

各国が自国内にあるウラン鉱床の種類、埋蔵量、能力、研究調査、新技術を紹介した。例えば、韓国がGPSを使って地理的な輪郭について興味深い調査結果を発表した。非常に高いレベルでなされた調査だった。モンゴルも似たような調査を行う必要がある。地球物理学、地理学、衛星の情報科学などに関する多様な調査、方法について知識を得た。先進国で長年続いている調査であり、モンゴルも似たような技術調査に参加し 、知識を得、同時に動き始めるべきだ。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/292-97b0fe2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。