スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「デールを着たモンゴル人」祭りに大統領も参加した 

news.mnより(2011.07.13)

スフバートル広場には、モンゴル民族衣装であるデールを着飾った、たくさんの人々が集まっている。
ウランバートル市役所、ウランバートル市観光局、モンゴル観光協会が共同で、5年目を迎える「デールを着たモンゴル人」祭りを開催しているからである。

モンゴル民族衣装を外国人に紹介するだけでなく、モンゴルの若い世代にもデールを広める目的を持った、この「デールを着たモンゴル人」祭りは、初めて開催された時、10人ほどの子供たちが参加しただけであったが、今では、部族ごとの特徴のあるモンゴル・デールを着た人々が参加し、年を重ねるごとに内容が充実してきている。

また、この祭りにはTs.エルベクドルジ大統領も参加した。大統領は、今回のナーダムの開会式で着ていた白いデールで参加し、「デールを着たモンゴル人」祭りを盛り上げた。

原文はこちら

関連記事:「デールを着ているモンゴル人」祭りが行われる。


この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/305-17b8ebcf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。