スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トーラ川をレスキュー隊がパトロール 

News.mnより(2011.07.15)

ウランバートル市のレスキュー隊に、火事や水の事故の連絡は今のところ来ていない。これは、ウランバートル市民がナーダムの後、比較的穏やかに過ごせていると言えるだろう。

しかし、ナーダムの期間中、ウランバートル市内で、この数日気温が高くなったことにより、急な強い雨に見舞われ、トーラ川の水位が急に上がった。そのため、ウランバートルレスキュー隊がトーラ川を毎日ボートで巡回警備し、市民に水の事故に注意するよう呼びかけている。

現状、トーラ川に10隻の救助ボートで巡回警備していると、レスキュー本部から発表された。

ちなみに、ナーダム期間中、水の事故によるレスキューの呼び出しは計15回あった。その内訳は、ソンギノハイルハン区で11、チンゲルテイ区で1、バヤンズルフ区で2、スフバートル区で1であった。これらは、川の近くの家が浸水したことによる救助要請だった。要請によりレスキュー隊が出動し、市民を素早く救助した。しかし、呼び出しの1つは水の事故だった。これは、バヤンズルフ区20ホローのトーラ川で、1人の男性が水の事故にあったものである。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/306-95680343

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。