スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲル地区の区画整理が始まった 

gogo.mnより(2011.07.15)

ウランバートル市役所が、スフバートル区の210haの土地アパート地区にするための区画整理事業をずいぶん前から計画していた。

このプランの最初の一歩となる、第7地区を建設するプロジェクトの開会式が行われ、住民にアパートの鍵が手渡された。開会式には、市役所だけでなく、同区の9~12ホローの住民も参加した。

土地を明け渡し、代わりに快適なアパートに引っ越すことになったスフバートル区11ホローの住民J.オトゴン氏は、
「うちは0.3haの土地に小さな家を建てて住んでいた。しかしゲル地区アパート地区にするプロジェクトに参加し、自分のアパートを持つことができた。私達にとっては非常に喜ばしいことだ」と述べた。

土地を明け渡した住民は、どこでも好きな区で、気に入ったアパートを選ぶ権利がある。
ゲル地区をアパート地区にするプロジェクト」のコーディネーターでマネージャのD.ダワードラム氏は、
「住民は実勢価格で我々と合意に達すれば、すぐにアパートを持つことができる。双方が誠意をもって交渉できれば、住民はアパートを自分で選ぶことができる。ゲル地区をアパート地区にするために200億トゥグルクの予算を計上した。秋からは300世帯の仮住まい用アパートにも入居が始まる。ゲル地区の住民の一部は、快適な環境で生活できるようになったことを喜んでいる。まもなくここに、新しく第7地区が建設される。」と述べた。

各世帯の土地を、1平米あたり10万トゥグルクの評価額で買い取っているとのこと。
0.7平米(訳注:0.07haの間違い)の土地は7000万トゥグルクになるということだ。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/311-b4f3afef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。