スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

燃料備蓄は通常レベルまで回復 

gogo.mnより(2011.07.21)

政府の定例会議で、昨日39の議題について話し合った。これらのうち、人々の関心を集めたのは、燃料に関する問題だった。

7月18日現在、全国で平均30日分の備蓄があり、平常どおり供給されていると資源エネルギー省のD.ゾリクト大臣が定例会議で報告した。

報告に関連して、燃料を供給する外国企業に対し、モンゴルとの安定的な関係を悪化させないよう、モンゴルからの注文を具体的に実行させ、協力関係を強化させることに注力するよう(ゾリクト大臣に)指示した。

また、秋の収穫および冬の準備のために、必要な燃料を途切れることなく供給し、消費者の通常業務を妨げない量の備蓄を確保する方向で精力的に活動するよう指示した。

さらに、韓国から燃料を輸入することに関連して、中国の天津、大連などの港から輸送する鉄道の輸送問題について、関係機関と調整し、早急に解決するよう道路運輸建設都市計画大臣および資源エネルギー大臣に指示したと、政府広報が伝えた。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/312-89009d2f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。