スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民の貯蓄額が増加 

news.mnより(2011.07.25)

モンゴル国内の市中銀行に預けられている貯蓄および当座預金残高が、今年6月末時点で3兆1354億トゥグルクに達した。

このうち1兆4870億トゥグルクは定期預金で、7533億トゥグルクは普通預金、一方当座預金は2364億トゥグルクである。

市中銀行にある当座および貯蓄預金にある資金を、トゥグルクおよび外貨に分けると、トゥグルクの方が多い。具体的にはすべての預金残高の21%を外貨が占めている。

以前、国民がトゥグルクよりも外貨貯蓄する傾向にあった頃は、外貨貯蓄の比率が非常に高かったという。中央銀行から出された対策の結果、トゥグルクの為替レートが適正な水準まで強くなり、国民は自国の通貨を信用し、トゥグルクの貯蓄の額が増加した。そうして、トゥグルクと外貨の上記比率が危険な水準ではなく、むしろトゥグルクの比率が悪くない水準に達しているとのこと。逆に外貨預金は以前と比べるとかなり減少した。

通貨政策の担当者がこの情報をいつも注視しているのには訳がある。もし当座および貯蓄預金の外貨の額がトゥグルクの額より多くなると、モンゴル経済が、洪水のように流されてしまう危険があるとのこと。それゆえ、国民の自国通貨に対する信用を保つことが重要とのこと。

全ての市中銀行にある貯蓄および当座預金の上記残高は、前年同期比で1兆トゥグルク増加した。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/319-f51292a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。