スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウランバートルで地震 

news.mnより(2011.08.29)

ウランバートルバヤンゴル区で体に強く感じる地震があった。
具体的には、シャスティン記念第3病院の東側にある8号棟周辺で地震の揺れを強く感じ、棚から物が落ちたり、一部の人々はめまいのような症状を感じたという。

地震は8月27日の16:30ごろ発生した。
住民の話によると、地震の際、照明器具が揺れ、机の上にあったコップが揺れて中のお茶がこぼれ、棚にあるスライド扉が開閉していたとのこと。
また、一部の人は気分が悪くなり、建物の外に出たとのこと。

また、同じ日の18~19時ごろ、ザイサン周辺およびナーダムスタジアム周辺の建物で地震の揺れを感じたと住民が述べている。

一方、8月27日土曜日の18:29にウムヌゴビ県のハンホンゴル郡の北東28km付近を震源としてマグニチュード5.8の地震が発生したのは、ウランバートルで発生した上記2つの地震と関連があると見ている。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/340-f707de9f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。