スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽ルイ・ヴィトンを没収 

news.mnより(2011.09.05)

知的財産庁は本日、ウランバートルの一部の店舗に対し立ち入り検査を行い、ルイ・ヴィトンブランドのコピー商品を販売していた店舗から没収した。

モンゴルにはスフバートル広場の横にルイ・ヴィトンの正規店舗があるが、それでも韓国中国で作られた偽ルイ・ヴィトンを販売するかばん・装飾品店はウランバートル市内にあふれている。

世界的なブランドは自社製品の模倣品の製造・販売には異議を申し立て、このように市場から一掃しているが、一方で店から商品が没収された市民には不満がある。

ともかくも、偽ルイ・ヴィトンを没収する作業が本日、多くの人が馴染みの「フーフディーン100」およびバローン・ドゥルブンザム周辺の店舗で行われた。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらをクリックお願いします。
人気ブログランキングへ いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/346-73dad161

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。