スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故ゾリグ議員殺害事件は未だ闇の中 

news.mnより(2011.09.13)

S.ゾリグ議員が殺害された恐ろしい事件が発生してから10年以上が経つのに、犯人は未だに捕まっていない。
この問題について、大統領から検察庁へ提出された要望に基づき、先週国家安全保障委員会で討議された。

Ts.エルベクドルジ大統領は本日、この件について記者会見を行った際、
「事件は1998年10月2日に起こった。しかし今日まで犯人は見つかっていない。そのため検察庁に対し、事件についての情報を公開するよう要望した。情報を見る限り、事件を捜査している担当部署に対して、明確な支援が必要であると見受けられた。また、事件の捜査の支援をする必要があると同時に、捜査機関の横の連携も必要である。捜査の担当者からも捜査結果を問いただすときが来ていると見ている。」と述べた。

いずれにせよ、この事件の犯人を捜査する件は、国家安全保障委員会に回されたが、世間には、「(捜査の対象であるはずの)政府が事件を明らかにする側として動きだした」と不満を漏らす人もいる。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ
皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/354-8dfd17f2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。