スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オバマる」が流行? 

news.mnより(2011.09.24)

*今日は日曜ですので、いつもと違った柔らかい話題を。

第66回国連総会の枠内で行われた、「開かれた政治のための協力」イニシアティブの開会式で撮影された、1枚の写真が、インターネットユーザーの間で話題になっている。

アメリカのバラク・オバマ大統領が挨拶のために挙げた右手が、モンゴルのTs.エルベクドルジ大統領の顔に重なったこの写真を見たアメリカ人が、ホームページに掲載し、オバマ大統領に対し、モンゴルエルベクドルジ大統領に謝罪するよう要求している。
これを見た一部の人が面白がって、このようにして撮った写真をインターネットに掲載した。

そして、このように写真を撮ることを「オバマる」と名づけて一部の間で流行り始めているとのこと?

「オバマる」とは?問題の写真と原文はこちらからご覧ください

この記事が面白かった方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

いつも応援ありがとうございます!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/365-b9c50a7e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。