スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オユトルゴイ契約に関する発表 

news.mnより(2011.10.07)

オユトルゴイ契約に関する発表

1.モンゴル政府およびアイバンホー・マインズリオ・ティントが、オユトルゴイ投資契約についての話し合いが終了したことについて、本日、共同声明を発表した。投資契約がモンゴルの法律、すなわち2009年7月にモンゴル国会より出された第57号決定に完全に準拠する形で取り交わされた契約であることを、双方が重ねて述べた。

2.オユトルゴイ投資契約の履行を双方が誓い、契約に従いモンゴル国民に巨額の利益をもたらすことを記載した。

3.世界経済の情勢が不安定な昨今、オユトルゴイプロジェクトを予定通りに実行することは、モンゴル経済を景気後退の悪影響から保護する上で重要であることを双方が注記した。モンゴル投資環境に信頼を置くことは、経済成長を支える前提条件である。

4.オユトルゴイプロジェクト投資家に対し、「モンゴルの経済発展、地方のインフラ整備に資本を投入する」と契約で合意した内容を、実行すると約束した。オユトルゴイ社のモンゴルで最大のインフラ整備プログラムに資本を投入したことにより、ガシューン・スハイト国境ゲートまでの道路を整備し、国際規格に準拠した空港、水道・電力供給システム、また、モンゴルの地方5都市に専門教育を行う工業センターを建設する。

5.オユトルゴイ社は、ウムヌゴビ県およびハンボグド郡を発展させ、ビジネスの様々な方面に対し、継続的に資本を投入することにより、モンゴルの供給者の発展を支援する。

6.リオ・ティント社は、プロジェクトをマネジメントしている立場から、同プロジェクトに参画しているモンゴル国民を、オユトルゴイ・プロジェクトおよび関連する他の分野で研修させ、彼らを昇進させて管理職として雇用することを約束した。従業員に対するモンゴル国民の割合を90%にするという目標に関連して、研修や国内外で実習させるプログラム、実行計画を作成し、資本投入することにより、モンゴル国民をプロジェクトのマネジメント層に参画させるよう、早急に準備する。

7.モンゴル政府およびアイバンホー・マインズリオ・ティントは、オユトルゴイ鉱山の供用開始のための協力関係を強化することを重ねて述べた。今後、オユトルゴイ・プロジェクトの進捗や、プロジェクトからモンゴル政府を通して国民にもたらされる利益に関する情報を、常に公開するよう双方が協力する。

原文はこちら

関連記事:オユトルゴイ
鉱工業生産が今後4年で4倍に [2011/07/23]
オユトルゴイ鉱山で労働実態調査 [2011/05/19]
モンゴルに投資する最も良い方法 [2010/11/01]
モンゴル政府が優先実施する26ヵ所のプロジェクトを発表した [2010/10/25]

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/374-999f18ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。