スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツのメルケル首相がモンゴルを初訪問 

news.mnより(2011.10.16)

ドイツのアンゲラ・メルケル首相が10月12-13日にモンゴルを初めて公式訪問したことは、先週の大きな出来事だった。

タワントルゴイの良質な石炭の大鉱山は、世界の大国の注目を集め続けている。
その中の1つであるドイツの首相であり、世界で力のある女性政治家の一人であるアンゲラ・メルケル首相が、モンゴルのS.バトボルド首相の招待により公式訪問した。

モンゴルとは昔から協力関係にあるドイツ政府の代表が初めて、資源に富むチンギス・ハーンの国を訪れた。
彼女は12日の夜に到着し、13日の午後15:20に帰国した。
メルケル首相は、今回アジア2カ国を訪問し、最初に訪れたのはベトナムだった。
レア・アースの埋蔵量が豊富な国の1つであるベトナムに、メルケル首相は2日間滞在し、資源分野での協力について話し合った。
レア・アースの供給で、中国への依存度を下げるために、アジアでパートナーを探しているドイツは、モンゴルとベトナムを重要視しているに違いない。

首相の随行員も少なく、ブンデスターク(ドイツ連邦議会)の5名の議員と資源分野の数名の企業代表が同行した。
モンゴル訪問中、6つの条約に署名し、うち3つが資源関連だったことは、ドイツ資源分野で協力することを第一の目標にしていることの現われだ。
資源、工業および技術分野で協力することについて、モンゴル政府とドイツ政府の間で話し合われ、鉱山の契約採掘者については、エルデネス・タワントルゴイ社とドイツのBBM Opertaグループの間の契約が、共同事業についてはエルデネス・タワントルゴイ社とシーメンス社の間の基本契約が担当者によって署名され、石炭分野で協力する目的を達成した。

「インフラ、エネルギー、タワントルゴイ石炭」というキーワードを、メルケル首相はモンゴル政府3首脳との会談のたびに繰り返した。
石炭液化、石炭ガス化の技術をモンゴルに導入する方向で、モンゴル、ドイツの企業間の協力を支援すると述べた。
資源分野へのドイツの参加を促進する条約を結んだメルケル首相は、わずか半日の滞在中に重要案件を処理して帰国した。
ドイツの高度な技術、ノウハウをモンゴルに導入し、原料ではなく、高付加価値の製品をモンゴルで製造するために支援することを約束した。このようにして、ドイツはモンゴルにとって、常に良きパートナーであることを約束した。

もう一つの注目分野は、防衛分野である。
モンゴル軍が、アフガニスタンで最も危険なファイザバードの北部でドイツ軍の指揮の下、平和維持活動に当たっていることについてメルケル首相が述べ、現地で任務に当たっていた隊員の代表と会談の際に謝意を表明し、今後もテロリストとの戦いにおいて、「一つのチーム」であることを述べた。

モンゴルを民主化以降、支援した国の一つであるドイツ。
特に、旧東ドイツはモンゴルと同じシステムであった国として、社会主義を共に建設してきた同志の中でも、モンゴルと最も親しかったのはドイツだ。
そのため、短い滞在中、メルケル首相は、モンゴルの民主化を評価し、アジアの中で模範となる死刑制度の廃止を採用したモンゴルに感謝を述べた。
また、死刑制度を完全に廃止する決定を出したモンゴル国民の皆さんの勇気を称えたいと述べた。

「民主社会への道を選び、一貫して発展させ続けている皆さんを、私は勇気づけたいと思います。
秋季国会にて選挙権の改正が審議されている貴国では、国民の代表である国会議員を改善するための重要な一歩となることでしょう。
民主化は、向こうから歩いて来るものではないことを、ドイツ人である私たちは苦い経験から知っています。
憲法を厳格に守る機関、法治主義のシステム、中でも重要なのは、民主主義のために生き、日々、民主主義を守ることのできる勇気ある国民が必要なのです。」
と述べたメルケル首相の言葉は、「選挙法の改正を正しく行いなさい。選挙制度によって民主化の中身は変わる」ということをモンゴルの国会議員たちに警告した形となった。

モンゴルとEUのより親密な関係構築のために、モンゴル側からの要望により、欧州安全保障・協力機構(OSCE)への加盟申請を支持するとメルケル首相は表明した。

教育分野での協力についても述べられた。
モンゴル-ドイツの教育交流は、遠く1920年にまでさかのぼる。
現在モンゴルでドイツの大学を設立し、学者や教授を招聘し、ドイツの標準によって授業を行い、専門家を準備することが肝要であるとモンゴル国大統領との会談の際に述べた。
モンゴルの若い学者たちを支援することも約束した。

(中略)

ともかく、ヨーロッパの中でモンゴルと最も親しく、実直なドイツが、モンゴルの資源分野で大きなパートナーとなる道が、メルケル首相の公式訪問によって開かれた。

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/376-9abf66c6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。