スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B.ガンバトが全国ナーダムで初優勝 

今年のナーダムでは新しい力士が優勝するだろうという市民の予想が当った。
しかし、ザーン(モンゴル相撲の番付、日本の小結に近い)B.ガンバットがガリド(関脇に近い)を通り越して直接アルスラン(大関に近い)に到達すると予想した人は、そう多くはなかっただろう。
モンゴル相撲ファンの大多数は、横綱G.ウスフバヤル、軍の大関Ch.サンジャーダンバのどちらかが優勝するだろうと言っていた。
ツァガンサルのモンゴル相撲大会以降、無敗を続けていたサンジャーダンバは4回戦でハグワドルジに敗れた。
ナーダムには伝統に従い512人の力士が出場し、その内90人以上が三役以上の称号を持つ。
7回戦(準々決勝)以降の結果は以下の通り。(左が勝った力士)

7回戦(準々決勝)
1.G.ウスフバヤル vs B.サインバヤル
2.Kh.ムンフバータル vs A.ビャンバジャブ
3.B.ガンバト vs M.ウスフバヤル
4.D.ラグチャー vs S.ムンフバト

8回戦(準決勝)
1.G.ウスフバヤル vs D.ラグチャー
2. B.ガンバト vs  Kh.ムンフバータル

9回戦(決勝)
1.B.ガンバト vs G.ウスフバヤル

-----------------------
Улсын наадам - 全国ナーダム

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/38-f6a15a86

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。