スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲望経済 

news.mnより(2011.10.25)

モンゴルは自由経済ではなく「寡占経済」になっている。

ウランバートルで肉1kgの価格が7000トゥグルクになり、年金生活者を苦しめている昨今、フブスグル県選出の国会議員は遊牧民に肉の価格を1000トゥグルク/kgにしてほしいとお願いしていた。

ウランバートル市民と遊牧民の間で対立が深まる主要な原因を作ったのは、遊牧民ではなく、仲買人・卸業者であることを議員たちは明らかにした。
小売業者、卸業者は国内の商品価格を7倍に吊り上げていたのだ。
例えば、イタリアで90セント(約68円)のチーズが、モンゴルでは6,000トゥグルク(約350円)で売られていたとしても、大したことではないだろう。

残念なのは、3年経っても卸売業者は依然として市民に高く売りつけ続けていることだ。
秋の収穫が盛んなこの時期に、ジャガイモ1kgの価格が250トゥグルクに値下がりしていたのはたった2年前のことだ。
なのに今年は500トゥグルク以下に下がらない。
モンゴルの賃金は2倍に増えていないし、野菜の収穫は2倍に増えているのに、なぜこうなのだろう。
理由のひとつは、私達がモンゴルの農地で採れた中国品種のジャガイモを食べているからだろうか。

石炭の消費が増える時期が来ている。
しかし消費者に届くまでに3回卸売業者を経由して、価格は鉱山での卸価格から300%上乗せされているのだ。

商品の価格をこのように3-4倍、5-6倍、さらには10倍に値上げしていることを挙げるには、時間も紙面も足りない。
モンゴルで最も多くの税金を払っている企業の上位をサービス業が占めている状態は、今のところ改善されていない。
しかし、GDPの伸びに貢献した分野の中で、卸売り・小売業が上位を占めそうになっているこの状態は健全と言えるだろうか?

市場経済が本当の意味で発展した国では、小売価格は卸価格と比べて平均15%高い。
しかし、畜産国家のモンゴルで、最も供給が多く、安く買えるはずの肉ですら、7倍に価格を吊り上げている。
銀行の貸出金利が高いことよりも、流通業者の強欲の方が、より大きく影響している。

こんな話がある。
イギリスのトマス・モアの著作「ユートピア」の世界をこの世に実現しようとしたレーニンに、資本主義世界の人が「あなたが作ろうとしている国はどんな国ですか?」と質問した。
するとレーニンは、「そこでは物が全ての人に行き渡るほどに豊かだ。しかし、人々は自分が使う分だけを取る。」と答えた。
資本主義世界の人が「人は好きなだけ取ることを望むでしょう。人々が欲望によって多く取り始めたらどうなるでしょう?」と聞くと、「そのために、人々は良心を持つ必要がある。欲望を無くすべきだ。」と答えたという話だ。

欲望を無くすことはできないので、社会主義の建設がそもそも無理ということは、最初から明らかだ。
レーニンもこのことを知っていたが、人民の貧しい状況を利用して、政治的権力を持つ欲望を抑え切れなかったに違いない。
偉大な指導者でも、モンゴルの小売業者と同じく欲望に勝てなかったということだ。

つまり、人の欲望を無くすことはできない。
しかし、L.グンダライ議員の述べた言葉をここで紹介したい。
彼は「欲ばりになってもいい。しかし、ケチになっていはいけない。」と言った。
卸売業者、小売業者をこのように好き勝手にさせているのは、率直に言えば、政治家たちの過ちだ。
農牧業製品・原料の取引市場を設立しようとしていることは喜ばしいことだが、これは、多くの問題の中の1つの解決に過ぎない。多くの問題を同時に解決すべきだ。

卸売り・小売の分野の業務に政治が直接介入することはなくても、行き過ぎを防ぐべきだ。
最も身近な例を挙げれば、ロシアはこのようにしている。
ロシアでは最近、アルコール分を含む食料品を個人の間で取引することを禁止した。
しかし、モンゴルではそのような法律すらない。
今年の夏、ディーゼル燃料が不足して価格が高騰した時に、やっと「小売に関する法律」を審議した程度だ。
商品をできるだけ中間業者を介さずに、消費者に届けることを目的として、法律は整備されることになった。

B.ボロル記者
出展:「モンゴリン・メデー」新聞

原文はこちら

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/380-8fe4a98d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。