スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害のある子供たちにクリスマスプレゼント 

news.mnより(2011.12.12)

障害児を持つ保護者の会が、毎年障害を持つ子供たちのために、クリスマスパーティを開き、マロース爺さん(訳注:ロシアのサンタクロース)からプレゼントをもらい、保護者たちと1日を楽しく過ごした。

先週金曜日、12月10日に障害を持つ150人以上の子供たちが保護者と共に参加したクリスマスパーティ「雪の中の笑顔」が、モンゴル・日本センターで行われた。

このパーティーには、モンゴル国民栄誉歌手のS.バトスフや文化功労者のJ.アルタンツェツェグ、「ウングト・イネード」の俳優A.アルタンゲレル、映画トスガイ・サラーで有名な俳優A.アルタンホイグ、「ユニバース・ベスト・ソング」コンテストの上位25人に入ったKh.ソヨンボ、「モダン・ツィルク」のコントーションの少女たち、「ジョノン」、国境警備隊の歌舞団、音楽舞踏専門学校の学生らが参加し、音楽や歌などを披露して盛り上げた。

また、文化功労者のJ.アルタンツェツェグは子供の歌「フーヘッドナスニー・ドルサムジ(子供の頃の思い出)」のCDを子供たちにプレゼントした。

そして、障害児を持つ保護者の会から、このパーティに参加できない常時介護を必要とする50人以上の子供たちの家に、プレゼントおよび紙おむつを配り、また、視力に障害のある第116学校の80人の子供たちには今週プレゼントを配るとのこと。

このパーティーにはミグ・ダートガル社、EKhBUT社およびユルー・ボルド・トゥムル社のマネージャーKh.ガントゥムル、MGホスピタルの常務D.オーガンバヤル、PBAエネルギーの常務Ya.ガンスフらが協賛した。

U.ボロル記者

原文はこちら



訳者より:
モンゴルの障害者福祉の状況は、まだまだ厳しいものがありますが、
心温まるニュースでしたので紹介しました。

モンゴル読者のコメントも紹介します。

保護者の会の皆さんや、多くの支援をいただいた協賛企業の皆さんに厚くお礼申し上げます。
私は保護者の会の会員です。私の子供には障害があります。
モンゴルには何百人もの障害児がいますが、その一部とはいえ、この日とても楽しく過ごせました。
保護者の会に協力いただける心優しい人々や企業・機関がますます増えていくことを私個人は願っています。
子供たち皆を幸せにしましょう。

・いいことだね

・このような子供たちを支援している企業や個人の皆さんに読者として感謝を表明したい。

・とてもいいことだ。自分もこのような子供たちを支援したいと本当に願っている。
2人の友達と一緒に、少しだけどプレゼントも買って行って、歌ったり、踊ったりして1日一緒に楽しく過ごしたいと思っているよ。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/413-18389bfc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。