スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mining Journal誌が選ぶ今年の新技術 

news.mnより(2011.12.29)

Mining Journal誌より

Mining Journal Awardsにノミネートされた技術を紹介する。競争が激しく、レベルの高い選考となった。

2011年はモンゴルの鉱山分野の技術にとってまさに「爆発的」進歩を遂げた年と言える。
なぜなら、モンゴル人技術者の力だけで発電所、精製工場、熱処理工場を建設できたからだ。
また、力のある外国勢もモンゴルの鉱山分野の発展をさらに加速していることもここで述べておきたい。

また、自然環境に優しく、人体に悪影響を及ぼさない技術が重要視される現在において、Mining Journal Awardsの優秀技術の選考が大きな意味を持つと信じている。
選考は甲乙付け難く、興味深いノミネーションが多かったが、今回だけでなく、今後もますます広範囲にわたって、多くの優れた企業・技術が応募される開かれた賞である事を願っている。

去年のAwardsの候補者には6社がノミネートされたが、今年は13社に増えた。これらを紹介する。

1.MERA社:ニトロネットのエマルジョン火薬の製造技術および発破の最新型電子起爆装置をモンゴルに初めて導入し、鉱山において発破の安全性を高める近代的な技術である遠隔起爆装置を導入した。

2.ERDMIN社:電解精銅技術をモンゴルの厳しい気候に適応させ、酸化銅を含んだ鉱石を溶かして精製し、純度の高い電気銅を精製している。

3.エナジー・リソース社:モンゴル初の湿式精炭技術のモデルを導入した。

4.MICROMINE社:地質探査、鉱山のMicromine、データ管理のGeobank、鉱山生産管理のPITRAM、DOME、現場の測定データを収集するFIELD MARSHALなどの最新プログラムを導入した。

5.BLAST社:エマルジョン火薬の製造および液体エマルジョン火薬の製造技術。

6.TAWAN TALST社:モンゴル初の石炭乾燥工場およびモンゴル最長のコンベア・システムをシベー・オボー炭鉱において導入した。

7.GOBI GEO社:日本のNL-55ドリルを探査ボーリング現場に導入した。

8.IKH MONGOL MINING社:オーストラリア、北アメリカなどで広く使われている、金の選別技術をフレン・トルゴイ工場においてモンゴル技術者の力で導入し、鉱物資源の廃棄物を減少させることに成功した。

9.オユトルゴイ社:1日10万トンの鉱石を精製し、1トンの鉱石から350kgの銅を精製する能力を持つ精製工場の技術および採掘技術。

10.MT ドリリング社:ダイヤモンド掘削およびエア・ハンマー掘削技術。

11.SANDVIK Mongolia社:DE型ドリルおよび事故の際の緊急停止、掘削ツールズの長寿命化、掘削時の待ち時間を減らすDA512 safe-T-spinドリル。

12.Mongolian Star Melchers社:BASF、Boart Longyear、FLUID STARなど、世界的なブランドの製品により。

13.Erdeniin Erel社:NITON社のNITONおよびフランスのSERCEL社の501チャンネル振動探査機器をモンゴルに導入した。

(訳注:以下、各審査員の総評が述べられますが、グダグダなので省略します。)

結局、9人の審査員のうち多くがTAWAN TALST社の技術を支持し、グランプリに選ばれた。

原文はこちら



訳者より:
今年最後の記事になりますが、当社の関連会社であるNBT(Nippon Boring Tools)がGOBI GEO社に販売したボーリング探査用ドリルのNL-55が紹介されていましたので取り上げました。
(手前味噌ですみません)

今年1年間、読者の皆様には当ブログをご愛読いただき、ありがとうございました。
皆様どうぞ良いお年をお迎えください。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

有難う御座いました。来年も楽しみにしています。

明けましておめでとう御座います。
モンゴル最新ニュースを毎回、楽しみに拝見しています。
モンゴルの鉱山環境に関心がある私にはタイムリーな話題が盛り沢山の貴ニュースは本当に役立つ記事が多いと思います。
今年も沢山のニュースを宜しくお願いします。

Re: 有難う御座いました。来年も楽しみにしています。

forest_japanさま

明けましておめでとうございます。

いつも応援いただき、ありがとうございます。

今年もモンゴルの鉱山関係は目が離せない年になるでしょうから、
動向を見守りつつ、新鮮なニュースをお届けしたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/419-4444a6d0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。