スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A92ガソリンが1850トゥグルクに値上がり 

news.mnより(2012.01.06)

ウランバートルで営業している一部のガソリンスタンドで、今日(1/6)21時からA92ガソリンの価格を値上げし、1850トゥグルク(約99円)で販売し始めた。

現状、MTオイル社のガソリンスタンドでは、1Lあたり1590トゥグルクで販売していたA-92 ガソリンを260トゥグルク値上げし、1850トゥグルクで販売している。
その他のガソリンスタンドではガソリン、ディーゼル(軽油)を値上げしていないが、明日12時から全ての業者のガソリンスタンドで同時に値上げされることについて正式に発表した。

資源エネルギー省より、本日午後関連部署を集めて委員会を開いた。
さらに、ガソリン価格値上げに関連して出された決定事項を、直ちにマスコミに対して発表すると言っていたが、明日正式に発表することになった。

省および関連機関の担当者は、燃料価格の上昇を為替レートの米ドル高-トゥグルク安に関連付けて説明している。
最近ドルのレートが上がり続け、今日現在、1ドルは1450トゥグルクを超えている。
そのため、石油輸入業者はここしばらく少なからず赤字で営業をしていたので、このようにガソリン価格を上げるよりほかに仕方がなくなったと担当者は説明している。

ガソリン価格が上がったという情報により、ウランバートル市中心部および郊外の各区のガソリンスタンドでは今も大忙しである。
値上がりする前にガソリン、軽油を確保しようとする市民が長い行列を作っているのだ。
ウランバートル市の交通渋滞はとっくに解消されているはずの夜中になっても、ガソリンスタンドおよび周辺道路では渋滞が続いている。

T.マーシャ記者

原文はこちら

関連記事:ガソリン
ガソリンが値上げされる [2011/09/07]
A92ガソリンも不足 [2011/06/26]
ロシア製油所の改修によりモンゴルのガソリンが不足 [2011/06/12]



訳者より:
去年の夏にもディーゼル燃料、ガソリンの不足により人々がガソリンスタンドに行列を作りました。
今回は備蓄がなくなった訳ではありませんが、値上がり前に買いだめしておこうとする人々が殺到したようです。

このところのトゥグルク安、インフレに歯止めの利かない状態に、
モンゴルの通貨当局への不満が高まっています。

ガソリン価格の値上がりは、ミクロやタクシーだけでなく、
全ての物価上昇(便乗値上げも含め)の口実になります。
また、トゥグルク安を放置すると、ツァガンサルに向けて増加する
輸入品の値上がりを招きます。

こうして、ますますインフレに拍車がかかる悪循環に陥っています。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/425-6c2ec0fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。