スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備蓄肉の販売を継続中 

news.mnより(2012.01.28)

ウランバートル食料の安定供給のため、1万2000トンの肉を備蓄し、それを広く流通させて消費者に届ける事業は本日2日目を迎えている。

この備蓄肉の販売は、ウランバートルの8つの区の大きな食料市場で行われる。
市民にとっては、備蓄肉のうち、羊肉は丸ごと購入することができるほか、小分けして袋詰めした状態でも購入できる。

1kgあたりの価格はそれぞれ牛肉3500トゥグルク、羊肉3200トゥグルク、ヤギ肉2600トゥグルクで販売されている。
去年販売されていた備蓄肉価格と比較してほぼ同じか100-200トゥグルクだけ高くなっているという。

消費者は備蓄肉を下記の販売所で購入できる。
(販売所は略)

原文はこちら



訳者より:
私も昨日(1/29)、肉の買出しに行ってきましたが、
備蓄肉は原文の写真のように皮下脂肪が厚く、骨付きなので、
私は備蓄肉は購入せず、新鮮な肉を選んで購入しました。
フチト・ションホルザハで、骨付き牛肉が5200トゥグルク
骨なし牛肉が5600トゥグルク、羊肉は4500トゥグルクでした。

それに比べると備蓄肉は1300~1700トゥグルクほど安いですので、
市民の財布には優しいですね。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/438-86a2a582

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。