スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築・サービス分野の求人が活発 

news.mnより(2012.02.27)

職業紹介センターでは、大工(建築作業員)および販売員の人材募集が最も多いとのこと。

これは常に求人が活発なサービス業の特徴であり、夏が近づく頃には建築分野の求人がさらに活発になることに関連する。
一方、大学では経理およびビジネス・マーケティング分野の学位を取得した人材が多く求められているとのこと。

このように、建築現場の作業員が多く求められているのは、この分野の仕事が多いことに関連しているとのこと。
この点について専門家に確認すると、国家登録所では2010年に建物の売買契約が8,712件であったのに対し、2011年には14,111件に増加し、これは1年間で60%も増加した結果という。
建築価格の上昇の原因は、建材価格の上昇である。
土地価格の上昇よりも3-4倍上昇したと説明している。
そのため、建築価格の上昇を抑制する対策は、アパートの供給を増やし、建築している企業に融資することであると専門家は述べている。

U.ボロル記者

原文はこちら

関連記事:「雇用」「就職」
今年68000人の新規雇用を創出 [2011/12/06]
ツァヒム・ウルトゥー大学が開校 [2011/09/03]




先日、モンゴルのある建設会社の社長さんとお話する機会があり、
その社長さんは、
「今のモンゴルの若い人材は、ゴビの鉱山開発か、
韓国への出稼ぎにみんな流れていってしまっていて、
なかなか良い人材が見つからない」
と嘆いておられました。

一方で、専門教育を受けていないため、
白タクの運転手をずっとやっているような人もいて、
そのような人でも、それなりに食べて行けているようです。

モンゴルに限らず、優秀な人材はいつでも
引っ張りだこだとは思いますが、
日本でくすぶっている人には
ぜひ、モンゴルに来てチャレンジしてみては?
と提案したいです。

日本とはいろいろと事情が異なりますので、
それなりの覚悟は必要ですが、
日本人なら当たり前のことをやるだけで、
モンゴルでは超優秀と見なされること請け合いです。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/448-bb125381

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。