スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンゴル人美容師がアジアカップで優勝 

Shuud.mnより(2012.03.02)

世界美容師協会の主催で、日本沖縄県で先月18-20日に「アジアカップ・オープン2012」美容師選手権が行われた。

この大会にモンゴルのチームが好成績を修めて帰ってきた。
D.オドンゴー社長の「ヴィダル」サロンに所属する、モンゴル国マスター美容師であるS.ムンフサイハンらが、アジアチャンピオンを決める大会で男子ケラティブの部門で好成績を修め、団体で3位に入った。

一方個人では、男子ケラティブの部門でモンゴル国マスター美容師のN.アルタンシャガイが優勝し、アジアチャンピオンのトロフィーとメダルを手にした。

また、モンゴル美容師協会のJ.ドヴチンスレン会長を代表とするチームのメンバーも、世界美容師協会の賞状を与えられた。

D.ツェツェグ記者

原文はこちら



訳者より:
日本にはカリスマ美容師と呼ばれる人がたくさんいますが、
モンゴルにもすごい美容師がいたのですね。
知りませんでした。

さらにモンゴルでは「マスター美容師」という称号を国が与えているみたいですね。
そのあたり、私は詳しくないので知らないことばかりです。

私が普段行く美容院は、いつもイマイチな仕上がりにしかなりませんが、
値段相応なのかもと自分を納得させています。

機会があれば、一度このマスター美容師さんに
カットをお願いしてみたい気もしますが、
料金を聞いたらびっくりするかもしれません。

この記事が役に立った方は
↓こちらを各1回↓クリックお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ モンゴル情報へ 人気ブログランキングへ

皆様の応援が力になります!
関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mongolnews.blog133.fc2.com/tb.php/450-1effcc93

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。